閃刀術式(せんとうじゅつしき)−ベクタードブラスト/Sky Striker Maneuver - Vector Blast》

通常魔法
(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、
EXモンスターゾーンの相手モンスターを全て持ち主のデッキに戻す事ができる。

 SOUL FUSIONで登場した通常魔法
 お互いデッキの上からカードを2枚墓地へ送り、特定条件下でエクストラモンスターゾーン相手モンスターを全てバウンスできる効果を持つ。

 閃刀魔法カード共通の性質は閃刀を参照。

 基本効果お互いデッキの上からカードを2枚墓地へ送る効果
 自分墓地肥やしに繋がる効果だが、同時に相手墓地肥やしも手助けしてしまう。
 相手デッキ破壊にもなるが、1回あたりの削る枚数が少なすぎるため通常の構築では現実的でない。
 ただし、発動回数制限及びタイムラグ無しでデッキ破壊を行えるので、何らかのループコンボで繰り返し発動できれば事実上の先攻1ターンキルすらも可能になる。
 【閃刀姫】であれば魔法カードの比率が高く、このカード魔法カード墓地へ送って墓地魔法カード3枚以上」の条件を満たす補助に使える。

 追加効果エクストラモンスターゾーン相手モンスターデッキバウンス
 除去するのは相手モンスターだけなので自分モンスターは無事である。
 対象も取らず破壊も介さないため耐性を持つモンスターは少ない。
 相手エクストラリンクを作られている場合は2体纏めて除去できるのも利点。
 しかしメインモンスターゾーンには一切干渉できないのが難点。
 閃刀に属している点を活かし、必要時に適宜持ってこられるようにしたい。

 なお、基本効果墓地へ送った後に魔法カードの枚数を参照する。
 墓地魔法カードが1枚しかなくとも、基本効果魔法カードの枚数が増えて条件を満たすこともあり得る。

  • 名前は、「爆風・突風・ジェットエンジンの噴射」などを意味する英語「ブラスト(blast)」と「ベクタード・スラスト(vectored thrust)」の重ね合わせだろう。
    「ベクタード・スラスト」は日本語では「推力偏向」と訳され、飛行機の機体に装備されたエンジンの噴流の向きを変えることで推力の方向を操作する行為である。
    • イラストでは《閃刀姫−ハヤテ》が巨大な砲で射撃を行っている。
      上記の事を考えると、本来は移動用のスラスターを砲撃に転用しているという事だろうか。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《閃刀術式−ベクタードブラスト》 魔法 通常魔法 閃刀

広告