閃刀姫(せんとうき)−カイナ》

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:右下】
地属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫−カイナ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは相手ターン終了時まで攻撃できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が「閃刀」魔法カードの効果を発動する度に、自分は100LP回復する。

 SAVAGE STRIKEで登場した地属性機械族リンクモンスター
 特殊召喚に成功した場合に相手モンスター1体の攻撃相手ターン終了時まで封じる誘発効果閃刀魔法カード発動する度にライフ回復を行う永続効果を持つ。

 《閃刀姫−ハヤテ》と同様、自分メインモンスターゾーンリンク先となる。
 あちらと向きが異なるため、あちらのリンク先モンスターを置いた後で素材にし、このカードを出すことでリンク先を増やすということも狙える。
 このカードを先に出して《閃刀姫−ハヤテ》の素材にすることでも同じようにリンク先を増やすことができる。

 (1)は特殊召喚に成功した場合の攻撃封印効果
 自身のリンク召喚の他、《閃刀姫−レイ》による特殊召喚トリガーに使える。
 通常のリンク召喚トリガーに発動した場合、対象モンスターリンク素材などで処理されてしまう可能性が高い。
 相手バトルフェイズ《閃刀姫−レイ》による特殊召喚を行えば攻撃を1回防ぐことができるため、そちらをトリガーにして発動したいところ。
 仮想敵は高い攻撃性能を持つ《ヴァレルソード・ドラゴン》《究極伝導恐獣》などだろう。
 また、ミラーマッチにおいて相手《閃刀姫−ハヤテ》直接攻撃を抑制できるのも利点。

 (2)は閃刀魔法カード発動する度に100のライフ回復を行う効果
 1回あたりの倍率が低く、閃刀魔法カードもそう何度も使うものではないため、トータルの回復量の見込みは低い。
 また、閃刀魔法カード発動条件の関係上、ライフ回復トリガーとするモンスターも併用しにくい。
 ただし、マッチ戦においてエキストラターンまでもつれ込んだ際には、こうした微量なライフ回復でも勝利に繋げられる。
 【閃刀姫】は持久戦に持ち込みやすいデッキであるため、(1)の効果による攻撃抑止と合わせて有効に活用できる効果である。
 なお、魔法カード効果の発動も回復のトリガーとなるので、《閃刀機関−マルチロール》効果の発動などでもライフ回復できる。

  • 多腕を持つ装甲を纏っていることから、カード名の由来は腕(かいな)だと思われる。
    「かいな」は本来肩からひじまでの部分、すなわち二の腕を表す古語であり、ひじから手首までの部分を指す「うで」とは区別されていたという。
    時代が下るにつれてこの区別は曖昧になっていったようで、『源氏物語』には肩から手首までの腕全体を「かいな」と表現している箇所がある。
    現在、日常会話の中で「かいな」が使われることはなくなったが、相撲では今でもこの語が使われている。

関連カード

―(2)の類似効果

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《閃刀姫−カイナ》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク1 地属性 機械族 攻1500 閃刀姫 閃刀

広告