素早(すばや)いモモンガ/Nimble Momonga》

効果モンスター
星2/地属性/獣族/攻1000/守 100
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分は1000ライフポイント回復する。
さらにデッキから「素早いモモンガ」を
任意の数だけ裏側守備表示で特殊召喚できる。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場した地属性獣族下級モンスター
 戦闘破壊され墓地へ送られた時、自分ライフ回復し、同名モンスターデッキから特殊召喚する誘発効果を持つ。

 戦闘で破壊されれば1000ライフ回復し、同名カード裏側守備表示特殊召喚できる。
 特殊召喚するモンスターの数には指定がなく、デッキから最大で2体の《素早いモモンガ》を展開することが可能。
 《子狸ぽんぽこ》《子狸たんたん》からリクルートしてもいい。

 他には《ジャンク・シンクロン》及び《ジャンク・ウォリアー》との相性も最高。
 戦闘破壊された時に2体の《素早いモモンガ》をリクルート、さらに《ジャンク・シンクロン》召喚し、そのモンスター効果戦闘破壊されたこのカード特殊召喚
 リクルートした2体を反転召喚し、《ジャンク・シンクロン》とその効果特殊召喚した《素早いモモンガ》で《ジャンク・ウォリアー》シンクロ召喚すれば、攻撃力は4300にまで上昇する。

 《ダンディライオン》《墓守の偵察者》《ジャイアントウィルス》と共に、最上級モンスターリリース役には最適である。
 ライフポイント回復するため、《我が身を盾に》《死皇帝の陵墓》ライフコストも払いやすくなる。
 最上級モンスター主軸のデッキ、特にライフ消費の激しい【死皇帝の陵墓】では、リリースライフ回復デッキ圧縮にと一石四鳥の活躍を期待できる。
 また、エクシーズ召喚にも繋げられるが、その場合は《ジャイアントウィルス》と違い反転召喚等をしなくてはいけない。

 欠点は、特殊召喚の元がデッキに限られているため、腐る恐れがある事だろう。
 特にこのカードは運用の都合上3積みされる事が多いため、手札に2枚以上来る可能性が高い。
 《ゾンビキャリア》等、手札からデッキ戻す手段を確保しておきたい。

 また現環境では、戦闘被破壊裏側守備表示によるリクルートという一連の流れは、戦術上アンチシナジーに等しくなるケースも増えてしまっている。
 戦闘以外の除去には対応できず、上記のエクシーズ召喚シンクロ召喚の素材、或いは《スリーカード》などの発動条件として扱うための表側表示にする手間がタイムロスとなりやすい。
 表側表示のみを対象に可能な除去効果も増えているため、必ずしもデメリットばかりとは言えないが、以前ほどアドバンテージを得やすいカードでなくなってしまっているのは否めないだろう。

  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「空を飛んだり陸を走ったりし喉元を鋭い歯で噛み殺す」と書かれている。
    「相手の周りを飛び回り、鋭い歯で喉元に噛み付く」というテキストも存在する。

関連カード

同名カード限定のリクルーター《ジャイアントウィルス》を参照

―《素早いモモンガ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果発動時《死霊騎士デスカリバー・ナイト》 が1体いる場合、どのように処理しますか?
A:2つの効果は別々ではなく1つとして扱います。
  つまり、1体の《死霊騎士デスカリバー・ナイト》で両方の効果無効化されます。

Q:相手フィールド《シモッチによる副作用》等が存在する場合回復することができませんが、このカードの効果発動デッキから《素早いモモンガ》を特殊召喚できますか?
A:回復ダメージになる場合でも特殊召喚はできます。(10/08/01)


Tag: 《素早いモモンガ》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 獣族 攻1000 守100 素早い

広告