創星神(そうせいしん) sophia(ソピア)/Sophia, Goddess of Rebirth》

効果モンスター
星11/闇属性/天使族/攻3600/守3400
このカードは通常召喚できない。
自分・相手フィールド上に表側表示で存在する、
儀式・融合・シンクロ・エクシーズモンスターを
それぞれ1体ずつゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの特殊召喚は無効化されない。
このカードが特殊召喚に成功した時、
このカード以外のお互いの手札・フィールド上・墓地のカードを全てゲームから除外する。
この効果の発動に対して魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した闇属性天使族特殊召喚モンスター
 自分相手フィールド儀式融合シンクロエクシーズモンスターを1体ずつ除外する召喚条件特殊召喚無効化されないルール効果特殊召喚に成功した場合に他の効果チェーンさせずにお互い手札フィールド墓地カードを全て除外する誘発効果を持つ。

 運用に際しては厳しい召喚条件が問題となる。
 相手フィールドモンスターも利用できるが、儀式融合シンクロエクシーズモンスターを1体ずつ揃えるというのは並大抵のことではない。
 どのモンスターもある程度遭遇の機会があるとはいえ、あればラッキー程度に考え、まずは自力で用意できるようにしておくべきだろう。
 ディスアドバンテージを度外視し、このカード召喚に特化したデッキ構築を行いたい。
 また、召喚条件の準備段階で妨害を許すと一瞬で戦略が崩壊する危険性もある。
 召喚条件である4種類目のモンスター特殊召喚時に《王宮の鉄壁》《激流葬》発動された時は目も当てられないため、注意が必要である。

 シンクロエクシーズモンスターに関しては、融合召喚儀式召喚用のモンスターを流用することが可能であるため選択肢は広い。
 展開に繋げる効果を持つモンスターも多いため、1ターン中に両方を揃えることも容易である。
 《シンクロ・フュージョニスト》サーチも利用でき、《簡易融合》《ブリリアント・フュージョン》等を用いれば1枚で融合モンスターを出せる。
 《旧神ヌトス》《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を利用して、消費を代償に事故率を抑える手もある。

 【融合召喚】をベースとする場合、融合召喚以外も様々な通常モンスターサポートカードを活用できる。
 通常モンスター軸の【E・HERO】【ジェムナイト】であれば、シンクロ召喚《ナチュラル・チューン》儀式召喚《高等儀式術》エクシーズ召喚《レスキューラビット》を利用できる。
 あるいは【占術姫】シャドールを採用すれば、儀式融合チューナーを確保できる。

 一方、儀式召喚には儀式魔法(または《限定解除》)と儀式モンスターの最低でも2枚のカード手札に揃えなければならない。
 加えて両者のサーチ手段もある程度必要になるが、それらとシンクロ召喚エクシーズ召喚とのシナジーが乏しい。
 このため、サーチアドバンテージ回復手段に恵まれたリチュア影霊衣は有力な候補となる。
 その他には、《高等儀式術》で得た墓地アドバンテージ融合シンクロエクシーズモンスターの展開に利用する手がある。
 どうあがいてもデッキ構築が縛られるため、まずは採用する儀式モンスターから決めるとよいだろう。

 手札フィールド墓地カードを全て除外するという効果自体は、《海竜神−ネオダイダロス》を遥かに凌ぐ。
 特殊召喚に成功しさえすれば、自身の効果により特殊召喚無効化されず、特殊召喚に成功した時に発動する効果チェーンする事もできない。
 《スキルドレイン》等を先出しされた場合や、特殊召喚以前に《和睦の使者》等を発動されていた場合等を除き、ほぼ確実に直接攻撃を通す事ができる。
 ただし、モンスター効果の発動以降は一切の耐性を持たないので、相手引き当てた1枚で状況を五分に戻され、泥沼の耐久戦が始まる可能性もある。
 又、相手ライフポイントが無傷の状態ならば、3回の直接攻撃を成功させなければならない4000に届かない攻撃力も不安要素。
 《ゼラの天使》《エクリプス・ワイバーン》除外に巻き込んで追撃役を確保する事もできなくはないが、狙うのは難しい。

 変わったところでは、コストにしてしまうことで相手《神光の宣告者》《E・HERO アブソルートZero》効果を使わせることなく除去できる。
 ただし、前者については融合シンクロエクシーズモンスターチェーンブロック無しで展開するには手札消費が多く、《儀式魔人リリーサー》の存在も考慮するとミラーマッチでもない限り現実的ではない。

 手札及びデュエルフィールド全てのカード除外する強力な効果ではあるが、除外へのメタカードは多い。
 《カオスハンター》《王宮の鉄壁》のように除外自体を封じるものが存在すると、モンスター効果の発動以前に特殊召喚ができなくなる。
 また、《始祖竜ワイアーム》《ヴェルズ・タナトス》(事前にモンスター効果の発動が必要、ただしこのカードコストにはできる)や《奇跡のジュラシック・エッグ》・ 《毒蛇神ヴェノミナーガ》のように除外されないモンスターも存在する。
 この他、除外されても自力で帰還する《異次元の生還者》《異次元の偵察機》《ゼラの天使》除外トリガーサーチを行うモンスターなどを相手デッキに投入している可能性もある。
 これらのモンスター戦闘破壊可能なステータスとは言え、こちらの手札も無くなっているため、にされて戦闘ダメージが減ってしまうことの影響は大きい。
 《ユベル−Das Abscheulich Ritter》の場合は、デッキ《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》が残っている場合、それを特殊召喚されてしまう。
 そうなると効果で簡単に除去されてしまい、更に大きい効果ダメージを受けてしまう。

  • 」ではなく「創神」である。
  • 「ソピアー」はギリシャ語で「智慧」を意味する言葉。
    また、1世紀ごろ生まれた思想「グノーシス主義」では、「ソピア」「ソピアー」または「ソフィア」(いずれもSophia)は牛頭の女神を指す。
    全ての父であるプロパトールから生まれたが、「知りたい」という欲(知識欲)を抱いたがゆえにデミウルゴスという悪神を生み出してしまう。
    そして悪神であるデミウルゴスがこの世を創造したために、この世は根本的に不完全な悪の世界であるとされる。

関連カード

イラスト関連

―《創星神 sophia》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚チェーンブロックを作りますか?
A:作りません。(12/01/25)

Q:無効にできないのを承知で、特殊召喚に対し《ライオウ》効果発動できますか?
  (可能な場合、《ライオウ》効果チェーンして《スキルドレイン》発動できる。)
A:発動自体ができません。(12/01/25)

Q:このカード特殊召喚に対して、《昇天の角笛》発動できますか?
A:発動できません。(14/11/16)

Q:最後の効果誘発効果ですか?
A:はい。なので、既に《スキルドレイン》が存在する場合は無効になります。(12/01/25)

Q:《スキルドレイン》が存在する時にこのカード除外する効果発動した場合、その効果に対して魔法・罠効果モンスター効果発動できますか?
A:いいえ、その場合でも発動できません。(12/02/08)

Q:除外する効果に対してフィールド上に表側表示で存在する永続魔法永続罠等の効果の発動はできますか?
A:いいえ、できません。(12/02/10)

Q:特殊召喚効果エクシーズモンスター除外した場合、そのエクシーズ素材墓地に送られますか?
A:はい、エクシーズモンスターエクシーズ素材が残っていれば、それらは墓地に送られます。(12/03/25)


Tag: 《創星神 sophia》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星11 闇属性 天使族 攻3600 守3400 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告