創星神(そうせいしん) sophia(ソピア)/Sophia, Goddess of Rebirth》

効果モンスター
星11/闇属性/天使族/攻3600/守3400
このカードは通常召喚できない。
自分・相手フィールド上に表側表示で存在する、
儀式・融合・シンクロ・エクシーズモンスターを
それぞれ1体ずつゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの特殊召喚は無効化されない。
このカードが特殊召喚に成功した時、
このカード以外のお互いの手札・フィールド上・墓地のカードを全てゲームから除外する。
この効果の発動に対して魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した闇属性天使族特殊召喚モンスター
 自分相手フィールド儀式融合シンクロエクシーズモンスターを1体ずつ除外する召喚条件特殊召喚無効化されないルール効果特殊召喚に成功した場合に他の効果チェーンさせずにお互い手札フィールド墓地カードを全て除外する誘発効果を持つ。

 運用に際しては厳しい召喚条件が問題となる。
 相手フィールドモンスターも利用できるとはいえ、儀式融合シンクロエクシーズモンスターを1体ずつ揃えるというのは並大抵のことではない。
 また、新マスタールールにより、条件の4種を並べるためには加えてリンクモンスターを使用するのが基本となる。
 とはいえ、蘇生して並べてもいいので必ずしもリンクモンスターを併用する必要があるわけではない。
 リンクモンスターを使用する場合、レベルを持たないことから儀式シンクロエクシーズモンスターの素材としては使えないが、融合素材には使えるため、それを考慮して選ぶのもいいだろう。
 また、シンクロエクシーズモンスターに関しては、融合召喚儀式召喚用のモンスターを流用することが可能であることから選択肢は広い。
 どのモンスターもある程度遭遇の機会があるとはいえ、あればラッキー程度に考え、まずは自力で用意できるようにしておくべきだろう。
 ディスアドバンテージがどれほど発生しようとも特殊召喚に成功した時点で帳消しになるため、カード消費を無視してこのカード召喚に特化したデッキ構築を行いたい。
 注意点として、召喚条件の準備段階で妨害を許すと一瞬で戦略が崩壊する危険性がある。
 せっかく並べたモンスター除去されたり、《王宮の鉄壁》等で特殊召喚を封じられた時は目も当てられない。

 また、必要なモンスターを並べることに特化していても、このカード自体が手札に来ないことには無駄に終わる。
 手札に加える手段としては、《おろかな埋葬》等で墓地へ送ってからサルベージする、《セフィラの神託》デッキの一番上に置いてからドローするなどがある。
 対応するモンスターは決して多くないが、《妖醒龍ラルバウール》によるサーチも可能。
 中でも《ゴーストリックの駄天使》召喚条件としても使える他、サーチ効果《妖醒龍ラルバウール》効果手札コストの確保もできる。
 ランク1〜3のゴーストリックに重ねてエクシーズ召喚することもできるため特に狙いやすいといえる。

 まず儀式モンスターであるが、基本的に儀式召喚するには儀式魔法儀式モンスター、そしてリリースするためのモンスターの3枚が必要になる。
 《儀式の下準備》を使えば儀式魔法儀式モンスターを揃えることはできるが、《儀式の下準備》そのものサーチがしにくいためあまり期待できない。
 《限定解除》での特殊召喚や 《リターン・オブ・ザ・ワールド》を使う手もあるが、前者は事故の可能性が高く、後者は罠カード故の遅さや墓地儀式モンスターを置く手間もある。
 ただ出すだけではこのようにカード消費が多く引きの運への依存が強いため、サーチアドバンテージ回復手段に恵まれたリチュア影霊衣サイバー・エンジェルなどは有力な候補となる。
 他には墓地効果により手札消費を抑えられる《光子竜降臨》《光子竜の聖騎士》サーチリリースの確保を同時に行える《魔神儀−カリスライム》墓地アドバンテージを他の召喚法へ生かしやすい《高等儀式術》などもある。
 このように儀式モンスターに関してはデッキ構築への影響が大きいため、まずは採用する儀式モンスターから決めるとよいだろう。

 次に融合モンスターであるが、基本的には融合素材となるモンスター2体以上と融合召喚を行うカードの3枚以上が必要となる。
 しかし、召喚ルール効果により融合召喚以外の方法で特殊召喚できるモンスターも多く、消費を抑えることは難しくない。
 また、モンスターを大量に並べることができるのであれば《氷獄龍 トリシューラ》を使うのも一つの手である。
 《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》リンクモンスターを利用できるだけでなく事故率を抑えることもできるため採用しやすいだろう。
 他にも、サーチが可能で1枚で融合召喚ができる《簡易融合》《ブリリアント・フュージョン》などははぜひとも狙っていきたい。

 次にシンクロモンスターであるが、チューナーチューナー以外のモンスターの2体以上が必要となる。
 シンクロモンスターには、他の召喚方法をサポートできるカードが存在する。
 儀式魔法儀式モンスターサーチができる《虹光の宣告者》や、自身が融合素材代用モンスターでありながら融合召喚を行う効果を持つ《ドロドロゴン》などである。
 これらのカード効果を使用するにあたりフィールドを離れてしまうため、蘇生手段も用意しておきたい。
 シンクロ素材として使われることで融合フュージョンサーチできる《シンクロ・フュージョニスト》も可能なら使っていきたい。

 そしてエクシーズモンスターであるが、同じレベルモンスターが2体以上必要となる。
 他の召喚法との違いとして、トークンを利用して消費を抑えるということができない。
 一部十二獣《宵星の機神ディンギルス》といった1枚でエクシーズ召喚できるモンスターもいるが、基本的には2枚以上の消費をすることになる。
 そのため、サーチリクルートなどでアドバンテージを稼げるモンスターを採用したい。
 効果モンスター以外のモンスター限定ではあるが、《ダイガスタ・エメラル》は他の召喚法のモンスター蘇生することができる。

 【DD】【竜剣士】ならば融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターの3種類までは揃えやすく、儀式召喚を加えられる余地はある。
 【融合召喚】をベースとする場合、融合召喚以外も様々な通常モンスターサポートカードを活用できる。
 通常モンスター軸の【E・HERO】【ジェムナイト】であれば、シンクロ召喚《ナチュラル・チューン》儀式召喚《高等儀式術》エクシーズ召喚《レスキューラビット》を利用できる。
 【サイバース族】であれば該当の4種類のモンスターが全て存在し、上記のように各特殊召喚サポートとなるリンクモンスターも存在する。
 あるいは【占術姫シャドール】であれば、儀式融合チューナーを確保できる。

 手札フィールド墓地カードを全て除外するという効果自体は、《海竜神−ネオダイダロス》を遥かに凌ぐ。
 特殊召喚に成功しさえすれば、自身の効果により特殊召喚無効化されず、特殊召喚に成功した時に発動する効果チェーンする事もできない。
 《スキルドレイン》等を先出しされた場合や、特殊召喚以前に《和睦の使者》等を発動されていた場合等を除き、ほぼ確実に直接攻撃を通す事ができる。
 ただし、モンスター効果の発動以降は一切の耐性を持たないので、相手引き当てた1枚で状況を五分に戻され、泥沼の耐久戦が始まる可能性もある。
 又、相手ライフポイントが無傷の状態ならば、3回の直接攻撃を成功させなければならない4000に届かない攻撃力も不安要素。
 《ゼラの天使》サンダー・ドラゴン除外に巻き込んで追撃役を確保する事もできなくはないが、狙うのは難しい。
 《昇竜剣士マジェスターP》《レアメタルフォーゼ・ビスマギア》のように発動サーチのタイミングが異なるカード手札補充することも考えられる。
 《源竜星−ボウテンコウ》《ネフティスの祀り手》を用いれば、メタファイズ除外に巻きこむことができる。

 変わった利点として、相手《神光の宣告者》《E・HERO アブソルートZero》特殊召喚の素材にしてしまうことで効果を使わせることなく除去できる。
 ただし、前者については融合シンクロエクシーズモンスターチェーンブロック無しで展開するには手札消費が多く、《儀式魔人リリーサー》の存在も考慮するとミラーマッチでもない限り現実的ではない。

 除外へのメタカードも多く、それによって妨害される可能性もある。
 《カオスハンター》《王宮の鉄壁》のように除外自体を封じるものが存在すると、モンスター効果の発動以前に特殊召喚ができなくなる。
 また、《始祖竜ワイアーム》《ヴェルズ・タナトス》(事前にモンスター効果の発動が必要、ただしこのカードコストにはできる)や《奇跡のジュラシック・エッグ》・ 《毒蛇神ヴェノミナーガ》のように除外されないモンスターも存在する。
 この他、除外されても自力で帰還する《異次元の生還者》《異次元の偵察機》《ゼラの天使》除外トリガーサーチを行うモンスターなどを相手デッキに投入している可能性もある。
 これらのモンスター戦闘破壊可能なステータスとは言え、こちらの手札も無くなっているため、にされて戦闘ダメージが減ってしまうことの影響は大きい。
 《ユベル−Das Abscheulich Ritter》の場合は、デッキ《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》が残っている場合、それを特殊召喚されてしまう。
 そうなると効果で簡単に除去されてしまい、更に大きい効果ダメージを受けてしまう。

  • 」ではなく「創神」である。
  • 《クリフォート・ツール》テキストには、「sophia」フォルダと「tierra」フォルダの2体の創星神を思わせるデータが存在している。
    qliphoth」は本来tierraが担っていたシステムなのだが、上記の経緯でこちらが支配権を得たため双方のフォルダが存在していたのだろう。
  • 「ソピアー」はギリシャ語で「智慧」を意味する言葉。
    また、1世紀ごろ生まれた思想「グノーシス主義」では、「ソピア」「ソピアー」または「ソフィア」(いずれもSophia)は牛頭の女神を指す。
    全ての父であるプロパトールから生まれたが、「知りたい」という欲(知識欲)を抱いたがゆえにデミウルゴスという悪神を生み出してしまう。
    そして悪神であるデミウルゴスがこの世を創造したために、この世は根本的に不完全な悪の世界であるとされる。

このカード特殊召喚する例

関連カード

イラスト関連

―《創星神 sophia》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚チェーンブロックを作りますか?
A:作りません。(12/01/25)

Q:特殊召喚無効にできないのを承知で、特殊召喚に対し《ライオウ》効果発動できますか?
  (可能な場合、《ライオウ》効果チェーンして《スキルドレイン》発動できる。)
A:発動自体ができません。(12/01/25)

Q:このカード特殊召喚に対して、《昇天の角笛》発動できますか?
A:発動できません。(14/11/16)

Q:最後の効果誘発効果ですか?
A:誘発効果です。
  よって、既に《スキルドレイン》が存在する場合は無効になります。(12/01/25)

Q:《スキルドレイン》が存在する時にこのカード除外する効果発動した場合、その効果に対して魔法・罠効果モンスター効果発動できますか?
A:いいえ、その場合でも発動できません。(12/02/08)

Q:除外する効果に対してフィールド表側表示で存在する永続魔法永続罠等の効果の発動はできますか?
A:いいえ、できません。(12/02/10)

Q:特殊召喚時の効果エクシーズモンスター除外した場合、そのエクシーズ素材墓地に送られますか?
A:はい、エクシーズモンスターエクシーズ素材が残っていれば、それらは墓地に送られます。(12/03/25)


Tag: 《創星神 sophia》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星11 闇属性 天使族 攻3600 守3400 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告