相愛(そうあい)のアンブレカム》

チューナー・効果モンスター
星3/水属性/魔法使い族/攻 500/守1500
(1):このカードが召喚に成功した時、手札を1枚捨て、
自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 ジャンプフェスタ リミテッドパック 2019で登場した水属性魔法使い族下級モンスターチューナー
 召喚に成功した時に手札コストを払う事で下級モンスター1体を守備表示蘇生する効果を持つ。

 効果発動後はターン終了時までエクストラデッキからの展開に制限がかかる。
 このため、基本的には【シンクロ召喚】系列のデッキで採用するのが良いだろう。
 しかし、蘇生効果を持つチューナーなら、条件はあるが手札コストの無い《カメンレオン》《デブリ・ドラゴン》がある。
 こちらを使うならレベル4以下なら何でも蘇生できる点で差別化したい。

 手札コストを利用したコンボができれば、より効果的と言える。
 コストにしたモンスター蘇生すれば、手札から特殊召喚するのと同様に扱える。
 水属性であるため【水精鱗】【海皇】と相性がよく、手札海皇《水精鱗−アビスグンデ》捨てつつシンクロ召喚を狙う事ができる。

  • カード名は「アングレカム」+「アンブレラ(傘)」だろう。
    アングレカム属というラン科植物の群があり、白く香りのよい花をつける。
    アングレカム全般の花言葉は「祈り」「いつまでもあなたと一緒」。
    また、「相」「愛」はそれぞれ「あい」と読めることから、「相合傘(あいあいがさ)」とも掛っていると思われる。
    • イラストでは一組の男女(花や背景と比較すると、妖精のように小さい)がアングレカム・セスキペダレを傘のように持っているのが確認できる。
      また、相合傘をしてる男女は《ゾンビーノ》《ゾンビーナ》に似ており、公式Twitterでもこのカードに続けて《ゾンビーナ》が紹介されるなど、この2枚との関係を示唆している。

関連カード

収録パック等


Tag: 《相愛のアンブレカム》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 水属性 魔法使い族 攻500 守1500

広告