相生(そうじょう)魔術師(まじゅつし)/Xiangsheng Magician》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 500/守1500
【Pスケール:青8/赤8】
(1):1ターンに1度、自分フィールドの、
Xモンスター1体とレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのXモンスターのランクはターン終了時まで、
そのレベル5以上のモンスターのレベルの数値と同じになる。
(2):自分フィールドのカードが
相手フィールドより多い場合、このカードのPスケールは4になる。
【モンスター効果】
(1):このカードの戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時までそのモンスターと同じになる。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した光属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 エクシーズモンスター1体のランクを変更するペンデュラム効果、特定条件下で自身のペンデュラムスケールを4に変更するペンデュラム効果を持つ。
 更に相手への戦闘ダメージを0にする永続効果自分モンスター1体と同じ攻撃力になる起動効果を持つ。

 ペンデュラムスケールが8と高い上に、対になるペンデュラムモンスターペンデュラム召喚できるモンスターに制限が無い。
 しかし、自分フィールドカード枚数が相手より多くなるとペンデュラムスケールが4になるデメリットがあるため、相手フィールドカードが最低でも2枚なければペンデュラム召喚が難しくなる。
 スケール8としては、デメリットもない《竜穴の魔術師》もいるため、あくまで効果を主軸に使うことになるだろう。

 ペンデュラム効果ランクを5以上に変化させる効果
 《RUM−アストラル・フォース》や、《相克の魔術師》の補助が狙いとなる。
 それ以外では、エクシーズ素材を消費したランクの低いエクシーズモンスター《迅雷の騎士ガイアドラグーン》を重ねるといった目的で使うのがよいか。

 《幻想の黒魔導師》《魔法剣士トランス》リクルートした後にペンデュラム効果を使用すれば、ランクの下がった《幻想の黒魔導師》に2体目の《幻想の黒魔導師》を重ねて、2体目をリクルートできる。
 《魔法剣士トランス》2体をリクルートした後に《マジマジ☆マジシャンギャル》エクシーズ召喚し、そこから3体目の《幻想の黒魔導師》に繋げれば3回のリクルートを行える。
 《マジマジ☆マジシャンギャル》効果相手モンスターを利用すれば、合計攻撃力1ターンキル圏内に入るため狙ってみるのも面白いだろう。

 攻撃力は低いが、(2)のモンスター効果により、自分モンスター攻撃力をコピーして自己強化できる。
 ペンデュラム召喚によって攻撃力の高いモンスターを共に並べればアタッカーになり得るが(1)の効果により戦闘ダメージが与えられないため、露払いくらいしかこなせない。
 変わったところでは《星に願いを》《クロス・アタック》の条件を満たすことも可能。

  • 「相生」とは「相性」の別表記であり、「相性が良い」という意味も持つ。
    アニメで対となって使用された《相克の魔術師》を考えると、五行思想において対応する要素を作り出す事を指しているとも考えられる。
    • 上記の通り、名前の「相生」とは「互いに他のものを生み出す関係」もしくは「相性がよいこと」を意味する。
      「互いに他のものを生み出す」というのは恐らくエクシーズ召喚のことであると思われる。
      また、ペンデュラム効果ランクレベルを合わせる行為が「相性をよくする」ということなのかもしれない。
  • 「遊矢vsオベリスク・フォース3人組」戦でペンデュラム効果発動する際、「和合を見定める《相生の魔術師》よ!その神秘の力で、天空高く星を掲げよ!」という口上があった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)のペンデュラム効果の処理時に対象に選択したレベル5以上のモンスターが他の効果レベル4以下になった場合、対象に選択したエクシーズモンスターランクは変化しますか?
A:いいえ、変化しません。(15/04/24)


Tag: 《相生の魔術師》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻500 守1500 スケール8 魔術師

広告