荘厳(そうごん)なる機械天使(きかいてんし)

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体をリリースし、
自分フィールドの天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、
リリースしたモンスターのレベル×200アップする。
このターン、対象のモンスターが、EXデッキから特殊召喚された相手モンスターと戦闘を行う場合、
バトルフェイズの間だけその相手モンスターの効果は無効化される。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編4−で登場した速攻魔法
 光属性天使族モンスター強化し、戦闘を行う相手モンスターエクストラデッキから特殊召喚された場合はそのモンスター効果バトルフェイズの間だけ無効化する効果を持つ。

 サイバー・エンジェルはいずれも光属性なので、強化が狙いなら《サイバー・エンジェル−弁天−》サーチ可能でコストも不要な《オネスト》でも十分な場合が多い。
 エクストラデッキから特殊召喚された相手モンスター戦闘を行う場合にその効果無効化できるという利点こそあるが、対処できるのは永続効果程度であり範囲が狭い。

 コストとして手札フィールドサイバー・エンジェルリリースする必要がある。
 フィールドサイバー・エンジェルコストにする場合、サイバー・エンジェルを出す為のカードの消費も加味するため、非常に重くなる。
 総攻撃力が下がる可能性もあるため、サクリファイス・エスケープや、攻撃済みのサイバー・エンジェルリリースするといった状況でない限りはフィールドからのコストにすることは避けたい。

 《サイバー・エンジェル−弁天−》《サイバー・エンジェル−韋駄天−》リリースすれば、その効果を使用できる。
 《サイバー・エンジェル−弁天−》の場合、サーチによるディスアドバンテージの軽減、《サイバー・エンジェル−韋駄天−》の場合、このカード強化と合わせて2200の強化が狙える。
 もっとも、どちらの場合でも儀式召喚リリースなどに使いたい場合が多く、このカードによる強化まで考えると消費がかなり大きくなる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《荘厳なる機械天使》 魔法 速攻魔法 機械天使

広告