速攻(そっこう)黒い(ブラック)忍者(にんじゃ)/Strike Ninja》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1700/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から闇属性モンスター2体を除外して発動できる。
表側表示のこのカードをエンドフェイズまで除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 混沌を制す者で登場した闇属性戦士族下級モンスター
 自身を一定期間だけ除外する誘発即時効果を持つ。

 非常にトリッキーな効果を持つ忍者の一味で、《亜空間物質転送装置》内蔵している。
 墓地コストさえあれば延々と除去を回避でき、《激流葬》《爆導索》等と組み合わせる事でアドバンテージを稼ぐことができる。
 だが、一般的にはノーコストで同様の効果を持つ《ヴェルズ・サンダーバード》《ゼンマイラビット》が優先される。

 【速攻の黒い忍者】では墓地コストを利用して独自の動きが可能である。
 《異次元の偵察機》除外すれば、フィールドエクシーズ素材を安定して供給できる。
 1度に自身とコスト2枚の3枚のカード除外するので、《魂吸収》《混沌空間》ともシナジーがある。

 《忍法 超変化の術》と相性が良く、効果処理時モンスター墓地へ送るので、発動チェーンする事で、相手モンスターだけを除去しつつ特殊召喚ができる。
 《忍法 超変化の術》リクルート先も闇属性にした【闇属性】寄りのデッキにすればコストも用意しやすい。
 また【忍者】における闇属性は、自身の他には《忍者マスター HANZO》《黄昏の忍者−シンゲツ》《黄昏の忍者将軍−ゲツガ》が存在する。
 《忍者マスター HANZO》《黄昏の忍者−シンゲツ》はこのカードレベルも同じなのでエクシーズ召喚のギミックも取り入れやすく、相性が良いと言えよう。

  • 原作・アニメにおいて―
    元ネタは原作で遊戯と御伽が対決したゲームDDD(ドラゴン・ダイス&ダンジョンズ)(アニメではDDM(ダンジョン・ダイス・モンスターズ))において遊戯が使用したモンスター
    レアブラックのダイスから召喚されたレベルモンスターであり、この時は《速攻のブラック・ニンジャ》という名称だった。
    高い移動能力に加え、1ターンの間フィールドから姿を消す回避能力を持ち合わせており、OCG版のこのカードの効果は後者に由来するものと思われる。
    即座にワープマスへ飛び込んで《ダーク・アイ・ストーカー》を撃破しつつ敵陣へ乗り込み、ダンジョンマスターへの直接攻撃を決める。
    御伽が召喚した《ゴッドオーガス》攻撃を回避能力で避けつつ二度目の直接攻撃を行うが、返しのターンで二度目の攻撃を受け倒された。
    攻撃名は「お命、頂戴」、回避能力名は「隠れ身の術」、帰還能力名は「笑止」。
  • 回避能力はコストさえあれば何度でも使用できたため、ライフが3しかないDDDでは1体でも勝負を決めうる非常に強力なダイレクトアタッカーだったと言える。
    移動したマスに鉄びしを撒くという能力も持っていたが、そちらは使用されないまま終わった。
  • アニメではKONAMIから販売されていたDDM販促も兼ねてか、DDMと同じステータス効果で登場。
    またレアブラックはすべてアイテムダイスとなったため、通常のダイスとして登場した。
    アニメDMでは珍しい喋るモンスターである。
  • アニメオリジナル「乃亜編」における「本田&御伽&静香vsビッグ4(大田)」戦では、デュエルモンスターズのカードとしての《速攻のブラック忍者》が登場。
    OCG化前にアニメに登場したため、レベル5・攻撃力2350・守備力2200と、後にOCG化されたものとは大きく異なる能力であった。
    御伽がデッキマスターとして使用したが、フィールドに出ることはなかった。
    手札2枚をコストに他人のリバースカードを強制発動させるデッキマスター効果を持っており、先に敗北した本田が遺した速攻魔法《レアメタル・ソウル》を強制発動させ、静香の《聖女ジャンヌ》強化した。
    デッキマスター能力名は「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」。
  • ちなみにデッキマスター能力名の由来は民間呪術の1つ「九字護身法」だと思われる。
    忍者は戦の前や危機に瀕した時、心を落ち着かせるためにこの九字護身法を利用していたとされる。
    九字護身法の方法についてはいくつか種類があるのだが、忍者は右手を刀に、左手を鞘に見立て、「臨・兵・闘・者…」と唱えながら縦4回、横5回、マス目を描くように空を切る「早九字護身法」を主に利用していたという。
  • アニメARC-Vの「月影&素良vsオベリスク・フォース3人組」戦で月影が使用した通常罠《結界忍法−朧移しの術》のイラストに描かれている。

関連カード

―《速攻の黒い忍者》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:この効果ダメージステップ時にも使用できますか?
A:いいえ。使用することはできません。

Q:除外する効果チェーンされ、このカード裏側表示になった場合、除外しますか?
A:いいえ、効果処理時裏側表示になっていた場合、除外されません。(11/06/11)

Q:除外する効果チェーンされ、このカード相手フィールドに移った場合、除外しますか?
A:はい、除外されます。その場合エンドフェイズ相手フィールド上に戻ります。(12/07/18)

Q:《死者蘇生》《強制転移》効果で元々の持ち主自分であるこのカード相手コントロールしている時に、相手がこのカード除外する効果発動した場合、エンドフェイズ時にどちらのプレイヤーフィールド上に戻りますか?
A:相手フィールド上に戻ります。(12/07/07)

Q:《堕落》《薔薇の刻印》効果で元々の持ち主自分であるこのカード相手コントロールしている時に、相手がこのカード除外する効果発動した場合、エンドフェイズ時にどちらのプレイヤーフィールド上に戻りますか?
A:相手フィールド上に戻った後、すぐに自分フィールド上にコントロールが移ります。(12/07/09)

Q:《エネミーコントローラー》効果で元々の持ち主自分であるこのカード相手コントロールしている時に、相手がこのカード除外する効果発動した場合、エンドフェイズ時にどちらのプレイヤーフィールド上に戻りますか?
A:相手フィールド上に戻った後、すぐに自分フィールド上にコントロールが移ります。(12/07/09)

Q:《死者蘇生》《強制転移》《堕落》《エネミーコントローラー》の効果で元々の持ち主が自分であるこのカード相手コントロールしている時に、相手がこのカード除外する効果発動してこのカードが除外された場合、自分《異次元からの帰還》《D・D・R》除外された自分モンスターとしてこのカード特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できます。(14/02/03)

Q:このカード除外されエンドフェイズ時にメインモンスターゾーンに空きがなくなり、除外されたこのカードが戻ってこられない場合、このカード墓地へ送られますか?
A:はい、墓地へ送られます。(13/01/17)


Tag: 《速攻の黒い忍者》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1700 守1200 忍者

広告