太陽(たいよう)神官(しんかん)/Oracle of the Sun》

効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻1000/守2000
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
デッキから「赤蟻アスカトル」または「スーパイ」1体を手札に加える事ができる。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した光属性魔法使い族上級モンスター
 半上級モンスターであり、手札から自身を特殊召喚する召喚ルール効果デッキから《赤蟻アスカトル》《スーパイ》サーチする誘発効果を持つ。

 1つ目の効果は、《サイバー・ドラゴン》と同じ条件で特殊召喚する効果
 レベル半上級モンスターには《サイバー・ドラゴン》の他、《バイス・ドラゴン》や更に条件が緩い《太陽風帆船》と多くのライバルがいるが、それぞれ差別化はでき、このカードもこれらとは違うデッキに採用される事になる。

 ステータスでみると《サイバー・ドラゴン》のようにアタッカーには向かない。
 守備力はそこそこ高く、2つめの効果適用すればディスアドバンテージも少ないが、後出しという性質ととして機能しうる場面とがあまり噛み合っていない。
 また、《フォトン・スラッシャー》には戦闘破壊されるため安心という程ではない点に注意。
 特殊召喚から《激流葬》に繋ぎ、後続を確保できるという点では優秀ではある。

 《地獄の暴走召喚》に対応する点では《バイス・ドラゴン》と共通するが、あちらは闇属性ドラゴン族、こちらは光属性であるため活用法が異なる。
 光属性を活用し、《セイクリッド・プレアデス》エクシーズ素材となれ、《霊魂の護送船》も併用しやすい。
 また元々の攻撃力が低いため、《サイバー・ドラゴン》とは異なり《リミット・リバース》《シャインエンジェル》《カオスエンドマスター》等にも対応する。
 この使用法だと《太陽風帆船》もいるが、《地獄の暴走召喚》に対応せず、レベルが勝手に変動したり、にできなかったりといった事は起こらない。

 このように同じレベル半上級モンスターには光属性が多いが、魔法使い族はこれ1体のみなので、主に魔法使い族を活かせるデッキに採用することになる。
 《アーカナイト・マジシャン》《魔導皇聖 トリス》に繋げられるのは他にないメリットとなる。
 同じく魔法使い族半上級モンスター《THE トリッキー》と比較すると、手札コストが不要である点、多くのサーチリクルートに対応している点、光属性である点で勝るが、特殊召喚要件が相手自分の場に左右される点や、アタッカーとして使用できない点で劣る。
 魔導を中心とするならばあちらを採用し、カオス等を中心とする場合や《リミット・リバース》も採用する場合はこちらを採用していくといいだろう。

 第2の効果は、ほぼ【インティ&クイラ】専用となる。
 他のデッキに採用できる効果ではあるが、活用できるのはやはりこのデッキだろう。
 《太陽龍インティ》《月影龍クイラ》シンクロ召喚の軸となり《赤蟻アスカトル》《スーパイ》は共にこのカード特殊召喚する効果も持っている為、コンボとしても機能する。

関連カード

サポートカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:セットされた状態のこのカード破壊されて墓地へ送られた時でも加える効果は発動できますか?
A:はい、できます。(09/11/14)

Q:ダメージステップ中に破壊されて墓地へ送られた時でも加える効果発動できますか?
A:はい、できます。(09/11/14)

広告