太陽(たいよう)神官(しんかん)/Oracle of the Sun》

効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻1000/守2000
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
デッキから「赤蟻アスカトル」または「スーパイ」1体を手札に加える事ができる。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した光属性魔法使い族上級モンスター
 半上級モンスターであり、手札から自身を特殊召喚する召喚ルール効果デッキから《赤蟻アスカトル》《スーパイ》サーチする誘発効果を持つ。

 1つ目の効果は、《サイバー・ドラゴン》と同じ条件で特殊召喚する効果
 光属性では特殊召喚条件がより緩い《太陽風帆船》などがあるため、種族で差別化したい。
 同じ条件で出せるレベル5の魔法使い族はこれ1体のみなので、《アーカナイト・マジシャン》《魔導皇聖 トリス》エクシーズ素材等、魔法使い族が必要な場合はこのカードが優先される。
 同じくレベル5・魔法使い族半上級モンスターには、手札コストを要する代わりにフィールドの状態を問わず特殊召喚できる《THE トリッキー》《使神官−アスカトル》《死神官−スーパイ》が存在するので、適宜使い分けたい。
 《使神官−アスカトル》《死神官−スーパイ》レベル6・8のシンクロ召喚に即座につなげられるが、シンクロモンスター以外をエクストラデッキから出せなくなる制約があるため、差別化できる要素は多い。

 また、自らの効果《地獄の暴走召喚》発動条件を満たす事ができる。
 《太陽風帆船》は複数枚並べられない都合上《地獄の暴走召喚》に対応していないので、このカードは有力な選択肢となる。

 第2の効果は、破壊された時に特定のチューナーサーチする効果
 だが、このチューナーは上記の《使神官−アスカトル》《死神官−スーパイ》で直接リクルートできてしまう。
 ただ、《スーパイ》はこのカードを名指しで指定しているため、あちらの効果を十分に生かすなら併用が前提となる。

関連カード

サポートカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:セットされた状態のこのカード破壊されて墓地へ送られた時でも加える効果は発動できますか?
A:はい、できます。(09/11/14)

Q:ダメージステップ中に破壊されて墓地へ送られた時でも加える効果発動できますか?
A:はい、できます。(09/11/14)


Tag: 《太陽の神官》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 魔法使い族 攻1000 守2000

広告