堕天使(だてんし)イシュタム/Darklord Ixchel》

効果モンスター
星10/闇属性/天使族/攻2500/守2900
自分は「堕天使イシュタム」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと「堕天使」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
(2):1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カードの効果を適用する。
その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−で登場した闇属性天使族最上級モンスター
 自身と堕天使捨てる事でドローする起動効果墓地堕天使魔法・罠カード効果適用させる誘発即時効果を持つ。

 (1)は自身と堕天使1枚を手札コストドローする手札交換効果
 堕天使最上級モンスターが多くを占めており、それを捨てる事で、手札事故の解消・ドロー墓地肥やしの3つをこなす事ができる。
 特に《堕天使スペルビア》との相性が良く、手札コストとして一緒に捨てる事で、あちらの蘇生効果の布石になる。

 (2)は堕天使魔法・罠カード効果適用してそれをデッキ戻す効果
 いずれもコストがあったり、相手ターンには使えないものであり、それを1000のライフコスト相手ターンにも使えるのは心強い。
 堕天使魔法・罠カード1ターンに1枚発動制限があるが、カードの発動を行うわけではないのでその制限には引っかからず、1ターンで擬似的に2枚発動する事もできる。
 基本的には1度発動したものを再利用する形になるが、《堕天使ルシフェル》効果や何らかのコスト墓地へ送られたものを利用するのも良い。

  • 「イシュタム(Ixtab)」とは、マヤ神話に登場する自殺を司る女神のこと。
    かつてのマヤ文明において、自殺が聖職者や生贄、戦死者と並んで楽園へと導かれる名誉ある死に方であるという考えに由来する。
    (1)の効果は自身と堕天使が自ら墓地に行くことでドローという祝福を受けられるということだろう。
    一方、TCGはIxchel(イシュチェル)となっており、こちらは出産に関する女神と全く異なっている。

関連カード

―《堕天使イシュタム》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《堕天使イシュタム》 モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 天使族 攻2500 守2900 堕天使

広告