()()小槌(こづち)/Magical Mallet》

通常魔法
(1):自分の手札を任意の数だけデッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキに戻した数だけドローする。

 デュエリストパック−万丈目編−で登場した通常魔法
 手札の任意の枚数をデッキに戻した後、その枚数分ドローする効果を持つ。

 条件を問わない手札交換は魅力的であるが、使うと1枚のディスアドバンテージとなる。
 その気になればどんなデッキにでも組み込めるカードなのだが、《手札断殺》のように墓地肥やしになる訳でもないため、何も考えずに使用しても手札1枚使った割には大した効果を生まない。
 このカードを採用するなら相性の良いデッキを意識したい。

 例えば、デッキに特定のカード戻すために使う場合はうってつけのカードである。
 《ゴブリンのやりくり上手》と同様、リクルーターLVモンスターと相性が良い。
 これらのモンスターは基本的にデッキにいた方が都合が良いため、手札に来てしまったこれらを戻す事で、デッキの回りを良くする事ができる。
 さらに戻した分ドローできるので手札の質も良くなり、結果的に大きな得に繋がりやすい。
 また、【高等儀式術】のように「通常モンスターが投入されているが、これらが手札に来ると困る」ような場合でもデッキに戻す用途で投入を検討できる。
 そのほか、《おジャマジック》《闇の量産工場》手札を増やすサポートカードが多い場合にも投入を検討できる。

 特定のコンボを成功させる事が重要なデッキや、手札事故が多いデッキでも採用の余地がある。
 また、デッキ自体の事故でなくとも「相手《王宮のお触れ》を張っている時手札が罠だらけ」といった状況で使えばチャンスを掴めるだろう。
 逆に【スタンダード】等のように、単体で機能するカードを多用して事故率を極力抑えたデッキでは、手札の消耗を補えるほどの効果は望みにくい。
 手札事故が多いデッキでもカード1枚の損になることに変わりはないため、できれば事故の起きにくい構築にするべく努力した上で投入すべきだろう。

 《光神テテュス》と組み合わせるとコンボができる。
 手札を複数枚デッキに戻し、引いたうちの1枚でも天使族なら追加ドローが可能となる。
 特に上級モンスター手札にたまりやすい《神の居城−ヴァルハラ》を主軸とするデッキなら、手札事故の回避としても使えるので一石二鳥である。

  • 「打ち出の小槌」とは、「一寸法師」等多くの日本の昔話や説話に登場するアイテムである。
    願いを叶える力を持ち、宝物を作りだしたり、一寸法師を巨大化させる等した。
    ただしこのアイテムで作りだした宝物は鐘の音を聞くと消える空虚な物であるとする文献もあり、一見何枚もドローできるように見えてハンド・アドバンテージを稼ぐ事のできないこのカード効果はそれをモチーフにしているともとれる。
  • 当初は以下の効果だった。
    通常魔法
    発動しているこのカードと手札を任意の枚数選択し、デッキに戻しシャッフルする。
    その後、デッキに加えた枚数分のカードをドローする。
    発動したこのカード自体もデッキ戻すので、再度使用できる上に、ハンド・アドバンテージの損失もない強力な効果だった。
    「明日香vs万丈目」(2戦目)からは、OCGと同じ効果に変更されている。
    またアニメでのイラストは、OCGと比較すると全体的に黒が多く使用されている。
  • アニメ5D'sの「龍亞vsボマー」戦の龍亞の手札、アキと同じ病院に入院中のハルカが落としたカードの中に確認できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:デッキが0枚でも発動できますか?
A:発動できます。(15/08/28)


Tag: 《打ち出の小槌》 魔法 通常魔法

広告