対峙(たいじ)する(ジー)/Confronting the "C"》

効果モンスター
星5/地属性/昆虫族/攻1100/守2500
(1):相手がエクストラデッキからモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
このカードを対象とするモンスターの効果を受けない。

 GOLD SERIES 2014で登場した地属性昆虫族上級モンスター
 自身を特殊召喚する誘発効果を持ち、その効果特殊召喚した場合のみ対象をとる効果モンスター効果への耐性を得る。

 エクストラデッキを利用しないデッキは少なく、自身の特殊召喚自体は容易な方である。
 また守備力も高く、低レベルシンクロモンスターランク4以下のエクシーズモンスターでこのカードを突破できるものは少ない。
 また、自身を対象とするモンスター効果を受けないため、《鳥銃士カステル》などの単体除去には強固なとなる。

 反面、高ランク・高レベルモンスター相手では容易に戦闘破壊されてしまうことが多い。
 また、基本的にメインフェイズ特殊召喚されるため、魔法・罠カード除去される可能性もある。

 このカード上級モンスターであり、相手エクストラデッキを使わなければ腐りやすいことも欠点となる。
 そのターン直接攻撃を防ぐだけならバトルフェイズ自体を終了させる《バトルフェーダー》《速攻のかかし》を採用する方が良い。
 さらに、シンクロモンスターエクシーズモンスターを出す際は自然と特殊召喚が多くなるため、より強力な耐性ステータスを持つ《機動要犀 トリケライナー》で十分な場合が多い。
 普通に特殊召喚してもにしかできないため、アタッカーにもできる《冥府の使者ゴーズ》《トラゴエディア》などよりも使い勝手が劣っている。

 上記を差し置いてこのカードを使うならば、ランク5のエクシーズ素材シンクロ素材にするなど工夫が必要だろう。
 【昆虫族】では、《共鳴虫》から特殊召喚し、としてフィールドを繋いだあと、返しのターンシンクロ素材にする、という活躍が見込める。
 この場合は基本的には効果はあまり重要視せず、手札に来ても腐りにくいことをひとつの利点と取っておくのがよい。
 《デビルドーザー》の他に《共振虫》サーチ先を投入する場合の候補にもなる。

  • イラストは棒状にした新聞紙と鍋の蓋を持っている人物の一人称視点となっており、その前方の電気スタンドに「」がおり、スタンド近くのゴミ箱が倒れゴミが散乱している。
    「対峙する」「Confronting(直面している)」というカード名通りの構図である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に手札から特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/01/11)

Q:自身の効果特殊召喚したこのカード裏側表示になった場合、対象をとる効果モンスター効果への耐性を得る効果適用されなくなりますか?
A:はい、適用されなくなり、その後このカード表側表示になった場合でも効果適用されなくなったままになります。(14/01/23)


Tag: 《対峙するG》 効果モンスター モンスター 星5 地属性 昆虫族 攻1100 守2500

広告