大革命(だいかくめい)/Huge Revolution》

通常罠
自分のメインフェイズで自分フィールド上に「逃げまどう民」「弾圧される民」
「団結するレジスタンス」が表側表示で存在する時のみ発動する事ができる。
相手の手札を全て墓地に送り、フィールド上の相手がコントロールするカードを全て破壊する。

 ユニオンの降臨で登場した通常罠
 特定の3体のモンスターが揃っている場合に発動でき、手札破壊全体除去を行う効果を持つ。

 効果自体は相手の全ての手札破壊全体除去であり、発動できれば概ねエンドカードとしてふるまう。
 しかし、条件となるモンスターは全てレベル3以下の通常モンスターで、全体的にステータスも低め。
 また、このカード自分メインフェイズでしか発動できないので、《トラップトリック》などを併用しない限りセットして1ターン守る必要がある。
 発動条件を満たす具体的な方策は【大革命】を参照。

 さらに、フィールド破壊による除去なので、もし破壊耐性持ちの大型がいると発動できてもそのまま殴り負けかねないのも欠点。
 壊獣などを併用して確実に除去を通したい。

 発動条件通常モンスターやこのカードが見えた時点から、相手は積極的に伏せ除去を行ってくることが予測される。
 罠カードなのに自分ターンでしか使用できない点は致命的で、たとえモンスターを揃えられてもこのカード発動するのは難しい。
 《砂塵の大竜巻》相手ターンの終わりにセットしたり、《偽物のわな》《おくびょうかぜ》等まで採用して守ったりといった手段も一考に値する。

 リンク先3カ所を用意し、《レスキューフェレット》効果を使えば発動条件を満たせる。
 《高等儀式術》発動条件となるモンスター3体を墓地へ送り、次のターン《未来への思い》を使えば発動条件を満たせる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vs神田」戦で、《クイズ・パネル・オベリスクの10》の効果で出題されたクイズの問題として登場。
    発動条件カードを述べよ」というものだったが、十代は正解できなかった。
  • アニメDMで城之内が使用した罠カード《一族の誓い》のイラストは、このカードイラストと非常に良く似ている。
    全体的な構図や登場人物の特徴も同じであるため、恐らくは同一人物だと思われる。
    ただし《大革命》では3人が持っている得物がそれぞれバラバラなのに対し、《一族の誓い》では3人とも剣を持っている。
    しかし、手札に確認できるシーンや英語版アニメでは別のイラストとなっている。

関連カード

─シリーズ関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札墓地送りと破壊は同時扱いですか?
A:はい、同時扱いです。(11/08/12)

Q:相手手札が0枚で相手フィールド上にカードが存在する時、または相手手札が1枚以上で相手フィールド上にカードが存在しない時に自分はこのカード発動することはできますか?
A:はい、発動できます。(10/07/04)


Tag: 《大革命》 通常罠

広告