大革命返(だいかくめいがえ)し/The Huge Revolution is Over》

カウンター罠
(1):フィールドのカードを2枚以上破壊する
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。

 ORDER OF CHAOSで登場したカウンター罠
 2枚以上破壊するカードの発動効果無効にし除外する効果を持つ。

 類似効果を持つカード《スターライト・ロード》が存在しており、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚する効果が無い点で劣る。
 エクストラデッキ《スターダスト・ドラゴン》を採用できる余裕があるのならアドバンテージの取れる《スターライト・ロード》を採用することになるだろう。

 《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚できない点に目を瞑れば、カウンター能力自体は《スターライト・ロード》よりも勝る。
 例えば、条件が「フィールド上のカード」であるので、自分相手カードを1枚ずつを破壊する場合や相手フィールド上のカードが2枚以上破壊される場合でも発動できる。
 そのため、自分フィールド上にモンスターが1枚のみで相手フィールド上にもモンスターがいる場合に《ブラック・ホール》等を使われた時や、《スクラップ・ドラゴン》等の効果も対処可能。
 また、《神の警告》等の特殊召喚メタ無効にされず、カウンター罠なので《トラップ・スタン》等をチェーンされない。
 除外なので《六尺瓊勾玉》発動できなかったり《スクラップ・ドラゴン》などの破壊された時の効果を封じられるメリットもある。

 カウンター罠である点を活かせる【パーミッション】や、《一族の結束》《真帝王領域》等の存在により《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚が不要なデッキではこの利点を活かしやすい。
 環境で活躍したデッキとしては、ペンデュラム効果の制約により《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚できない【クリフォート】においてペンデュラムゾーンクリフォートを守るカードとして採用されている。
 意外なところでは、《EMペンデュラム・マジシャン》によるサーチ効果妨害にもこのカードが使える。
 《EMペンデュラム・マジシャン》自体が【EM魔術師】等のデッキで採用されるモンスターなので、その対策として有用といえる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《強欲な瓶》3枚を破壊する効果として発動された《虚無を呼ぶ呪文》に対して発動できますか?
A:できません。(11/11/30)

Q:フィールド上のカードを2枚以上破壊する状況で発動された《虚無を呼ぶ呪文》に対し、このカード発動できますか?
  例:リバース効果モンスターが3体セットされていて、その全てが何らかのカードの効果により同時にリバースリバース効果チェーン3まで発生し、その状況でチェーン4に積まれた《虚無を呼ぶ呪文》
A:はい、《虚無を呼ぶ呪文》破壊するカードが2枚以上の状況で発動された《虚無を呼ぶ呪文》に対して《大革命返し》を発動できます。
  なお、何らかの処理で破壊するカードが1枚以下となった場合には、《大革命返し》を発動できません。(12/10/03)

Q:発動した罠カード表側表示で存在している永続魔法1枚を破壊する効果として発動された《白銀のバリア−シルバーフォース−》に対して発動できますか?
A:できません。(12/10/05)

Q:発動した罠カード表側表示で存在している永続魔法2枚を破壊する効果として発動された《白銀のバリア−シルバーフォース−》に対して発動できますか?
A:できます。(12/10/05)


Tag: 《大革命返し》 カウンター罠

広告