大地震(だいじしん)/Seismic Shockwave》

永続罠
自分フィールド上に存在する恐竜族モンスターが破壊され
墓地へ送られた時に発動する事ができる。
相手フィールド上の魔法&罠カードゾーンから3カ所を指定する。
指定した魔法&罠カードゾーンは使用できない。
この時カードが存在している場所は指定する事はできない。
このカードは発動後3回目の自分のスタンバイフェイズ時に破壊される。
この効果で破壊された場合、自分の墓地の
恐竜族モンスター1体を手札に戻す事ができる。

 ストラクチャーデッキ−恐竜の鼓動−で登場した永続罠
 相手魔法&罠ゾーン3カ所の使用を封じる効果発動後3回目の自分スタンバイフェイズにこのカード破壊し、恐竜族1体をサルベージする効果を持つ。

 封鎖効果相手魔法&罠ゾーンの両端を指定することで、ペンデュラム効果ペンデュラム召喚を封じるのが基本となる。
 発動タイミングが限られるものの、《幻創のミセラサウルス》自壊デメリット等を用いればそれほど難しい条件ではない。
 他にも《ベビケラサウルス》メタルフォーゼペンデュラム効果破壊するなどしてもアドバンテージを失いにくい。
 期限付きの自壊効果があるが、3ターンあれば現環境では十分な拘束になり、おまけ程度だがサルベージ効果も付随するためこれがネックになることは稀だろう。
 相手が置ける魔法&罠ゾーンがかなり限られてくるため、《爆導索》発動を狙いに行くのも一興である。

 しかし、基本的に先出し前提であり、先にペンデュラムモンスターを置かれた場合はペンデュラム召喚を止められず、空白が3カ所ない場合はそもそも発動できない。
 他の2枠があるため拘束力は十分ではなく、除去の蔓延する現環境で直接的なカード・アドバンテージを失うこのカードは使いづらい。
 使うのならば《宮廷のしきたり》《心鎮壷》《カースド・フィグ》らとの併用を考慮すべきだろう。

  • ちなみに大地震(だいじしん)とはマグニチュード7以上の地震の事をいう。

関連カード

―指定した各種ゾーンを使用不可にするカード《地盤沈下》を参照

―地震関連

収録パック等

FAQ

Q:恐竜族を指定した《DNA改造手術》効果適用中に、元々の種族恐竜族でないモンスター破壊され墓地へ送られた場合、《大地震》を発動することはできますか?
A:いいえ、フィールド墓地の両方で恐竜族である場合しか発動できません。(09/05/16)

Q:ダメージステップ発動することはできますか?
A:いいえ、できません。(10/10/13)

Q:相手フィールド上の魔法&罠カードゾーンに3カ所空きがない場合、発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/11/09)

Q:スタンバイフェイズにこのカード破壊する処理はチェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(14/12/25)

Q:スタンバイフェイズにこのカード破壊する処理を、《宮廷のしきたり》《王宮のお触れ》で回避できますか?
A:はい、できます。(14/12/25)


Tag: 《大地震》 永続罠

広告