第弐次未界域探険隊(だいにじみかいいきたんけんたい)/Second Expedition into Danger!》

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨て、自分フィールドの「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで500アップする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札から「未界域」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードをデッキの一番下に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 EXTRA PACK 2019で登場する永続罠
 未界域1体の攻撃力守備力をアップさせる効果墓地に存在する場合に自身をデッキの一番下に戻してドローする効果を持つ。

 (1)は未界域単体強化
 手札コストを要求する割に上昇値は500と低いが、重要なのはフリーチェーン手札捨てられる手段であるということ。
 このコスト未界域モンスターを使う事で、実質的に好きなタイミングで未界域の各固有効果発動できる。

 ちなみに、同じく手札捨てて単体強化を行う罠カードには《ライジング・エナジー》も存在している。
 あちらの方が上昇値が高く、対象となるモンスターにも制限がない。
 ただ、あちらはカテゴリに属してないのでこのカードよりサーチ手段が少なく、通常罠故に使いきりである上墓地発動する効果も持っていない。
 そのため、未界域での運用を考えるのであれば、こちらを優先した方がよいだろう。

 (2)は《未界域調査報告》と同じ効果
 基本的な運用方法は《未界域調査報告》と同じであるが、あちらと違って罠カードなのでフリーチェーン発動できるという利点がある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《第弐次未界域探険隊》 永続罠 未界域

広告