達磨落師(だるまおとし)/Daruma Dropper》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻 700/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):自分フィールドのXモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、
取り除くX素材1つの代わりに墓地のこのカードを除外できる。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。

 IGNITION ASSAULTで登場した地属性戦士族下級モンスター
 自分エクシーズ素材を取り除き単体弱体化を行う誘発即時効果効果の発動エクシーズ素材コストにする代わりに自身を除外できるルール効果を持つ。

 (1)は相手モンスター1体の攻撃力を0にする効果
 フリーチェーン発動できるため、エクシーズ素材を持つモンスターとこのカードが並んでいれば、相手攻撃自体が行いにくくなる。
 自分ターンなら《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》とのコンボも可能。
 あるいはいざという時にエクシーズ召喚にも使える《No.39 希望皇ホープ・ダブル》《No.39 希望皇ホープ》1ターンキルを狙いにいくのも手。

 (2)は発動コストとして取り除かれるエクシーズ素材を肩代わりする効果
 このカードエクシーズ素材とできるランク4はほとんどのモンスターが取り除くエクシーズ素材は1つで1ターンに1度の指定がある。
 そのため誘発即時効果を持つモンスターの回数を増やすのが役割となるか。
 《ガチガチガンテツ》のような永続効果で取り除かれる場合や、《クロノダイバー・リダン》など効果エクシーズ素材を取り除くモンスター効果の肩代わりはできない。

  • 「ダルマ落とし」は今では子供用の玩具遊具であるが、その大元はインドの僧侶「菩提達磨大師」である。
    この「だるま人形」は、もともと14世紀も前に中国で生まれ、室町時代に日本に渡来してきた「起き上がり小法師」が原型である。
    「ダルマ」は、サンスクリット語で「仏法」「法」を意味し、朱色の外套で覆われているという姿が有名である。
    現代の日本においては、白目の物に墨で目を塗って願掛けするという縁起物の象徴や「だるまさんがころんだ」などで伝承が伝わっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《達磨落師》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻700 守1800

広告