断層地帯(だんそうちたい)/Canyon》

フィールド魔法
守備表示の岩石族モンスターが攻撃され、
攻撃モンスターのコントローラーが戦闘ダメージを受ける場合、
その戦闘ダメージは倍になる。

 ストラクチャーデッキ−守護神の砦−で登場したフィールド魔法
 岩石族モンスターによる反射ダメージを倍にする効果を持つ。

 守備表示岩石族モンスター全てに《アステカの石像》と同様の効果を付与できる。
 サーチして発動するだけでは狙いがバレてしまうが、《メタバース》と併用すれば《アステカの石像》《クロスカウンター》のような奇襲性を生み、ダメージソースとなる。

 ただ、ダメージを倍加できるのは最初の1回程度で、その他では警戒されて攻撃が中断されるか、除去されてしまうだろう。
 フィールド魔法ゆえにサーチは容易だが、1回だけなら攻撃モンスター破壊が可能な《クロスカウンター》や、攻撃力分のダメージ量を見込める《魔法の筒》を使う方が堅実と言える。

 こちらはフィールドに残り裏側守備表示モンスターへの攻撃を牽制できるため、低攻撃力リバースモンスターなどを守ることが可能。
 しかし、攻撃力が超えていればそのまま破壊されるだけのため、時間稼ぎ程度の役割となる。
 一応、《牙城のガーディアン》《D2シールド》などを用いればダメージを与えつつ対処も可能だが、それならばこのカードで牽制する意味自体が薄れてしまう。

 単体で機能しないために例え破壊されず残り続けたとして発動分のディスアドバンテージを取り戻せるかも怪しい。
 また同じ岩石族を補助するフィールド魔法として、《岩投げエリア》が登場した事も逆風となっている。

  • 「断層」とは、地殻のズレにより岩盤が剥き出しになった食い違いの状態を指す。
    英語名の「Canyon」は「渓谷」「峡谷」で、「断層地帯」とは少し意味合いが異なる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの3話においてアクションフィールドの選択画面にあった1枚。

関連カード

反射ダメージを倍にする効果については《アステカの石像》を参照。

収録パック等


Tag: 《断層地帯》 魔法 フィールド魔法

広告