地獄将軍(ヘルジェネラル)・メフィスト/Mefist the Infernal General》

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻1800/守1700
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が越えていれば、その数値だけ相手に戦闘ダメージを与える。
相手に戦闘ダメージを与えた時、相手の手札からカードを1枚ランダムに捨てる。

 闇魔界の脅威で登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 貫通ダメージを与える永続効果と、自身が戦闘ダメージを与えた時にランダム手札破壊する誘発効果を持つ。

 攻撃が通れば手札破壊できるが、そのための攻撃力下級モンスターにすら倒される数値なのがネック。
 対となる貫通ドロー効果を備える《天空騎士パーシアス》よりも攻撃力が劣る。
 ドローデッキ切れにでもならない限り確実なアドバンテージになるが、手札破壊相手手札が0の時は意味がなく、【暗黒界】相手には効果を使われる欠点もある。
 強化さえすれば発動は難しくなく、《収縮》《冥王の咆哮》等で低い攻撃力を補いたいところ。
 攻撃されやすいステータスと言う点から、これらで返り討ちにするのも手である。

 また手札破壊だけで見ると、特殊召喚サーチ手段が豊富な《首領・ザルーグ》という存在が運用を遠ざける。
 あちらを装備魔法《収縮》などで補助しても充分な場合が多く、何より下級モンスター故に手札事故を起こしにくい点が差を付けている。

 しかし、【悪魔族】【追い剥ぎハンデス】等では採用の余地はある。
 上級モンスターゆえの重さは《ヘルウェイ・パトロール》《トランスターン》による特殊召喚や、《悪魔の憑代》でクリアできる。
 悪魔族で統一することで《一族の結束》《伏魔殿−悪魔の迷宮−》による全体強化も低い攻撃力を補ってくれる。
 《E−HERO ヘル・ゲイナー》2回攻撃を組み合わせれば、相手ライフ手札に大きな打撃を与えられる。
 《魔族召喚師》での蘇生《ダーク・ネクロフィア》除外コストとした後に《闇次元の解放》での帰還し、追撃も可能。
 《冥界の魔王 ハ・デス》効果対象となり、《冥界の魔王 ハ・デス》では対処しきれない《マシュマロン》越しに貫通ダメージを与える事も可能。
 送りつけ自爆特攻することで暗黒界効果発動させる手も考えられる。

  • カード名が漢字とカタカナの間に「・」が入るという珍しいモンスター
    このカードを最後に、漢字とそれ以外で構成される場合はスペースが入るか「−」でつながれるのが基本となっている。
  • 「メフィスト」とは16世紀半ばに、魔術師「ヨハン・ファウスト」が、魔術の奥義を会得すべく魔界より召喚した悪魔である。
    「Mephist=Pheles(メフィスト=フェレス)」とは「光を憎むもの」を意味し、ギリシャ語で「愛すべからざる光」となる。
  • コナミのゲーム作品においてー
    TAG FORCEシリーズでは、ハンデスデッキを使うキャラが使用。
    「地獄に将軍はいるか」というデッキ名は、このカードが由来だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《地獄将軍・メフィスト》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 悪魔族 攻1800 守1700

広告