地中界(ちちゅうかい)シャンバラ/The Hidden City》

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「サブテラー」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の裏側守備表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。
(3):1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分の裏側守備表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。
その後、その攻撃を無効にできる。

 EXTRA PACK 2017で登場したフィールド魔法
 発動時にサブテラーサーチする効果サブテラー表示形式を変更する2種類の効果を持つ。

 (1)の効果サブテラーモンスターサーチ
 1ターンに1度の制約こそあるが、フィールド魔法故にサーチは容易で、バウンスによる再利用も可能。
 ただし《サブテラーの戦士》蘇生効果コストとの兼ね合いもあるため、何をサーチするかはよく考えたい。

 (2)と(3)の効果リバースした場合に発動する効果を持つサブテラーマリスモンスターのサポートとして使える。
 単にリバースさせるだけなら反転召喚でも十分なため、主に裏側守備表示特殊召喚されたサブテラーマリスを即座にリバースさせる目的で使用する。
 また、表側守備表示にも出来るので、攻撃力の低めな《サブテラーマリス・リグリアード》効果無効にされて返しのターンダメージを受ける心配も少ない。
 相手攻撃宣言時にも発動可能であり、この場合は相手攻撃無効にする事もできる。
 ただし相手無効にされると分かって攻撃する事はまず無いため、大抵は先に除去されるか《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》で突破される事の方が多いだろう。
 (3)の効果は牽制程度に考え、基本的には前半二つの効果をメインに使用する事になる。

 いずれの効果サブテラーにとって非常に有用性が高く、サブテラーを主軸としたデッキでは必須カードとなる。
 最上級モンスターが多数を占める同デッキではこのカードの有無が安定性に直結するため、《テラ・フォーミング》も併用して早めに手札に引き込んでおきたい。

  • モチーフは19世紀から20世紀ごろの伝説でアジアのどこかに存在したとされる地下王国「アガルタ」の首都とされるシャンバラだろう。
    アルザルとも呼ばれ、過酷な自然環境とそれに共存するための高度に発達した科学文明を持ち、超人的な能力を持った極めて長寿な人類や動植物が存在しているとされた。
    • サブテラーマリスの日本語名を考えると、「地中界」というのはユーラシア・アフリカ間にある地中海と引っ掛けていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《地中界シャンバラ》 魔法 フィールド魔法

広告