地縛神(じばくしん) Uru(ウル)/Earthbound Immortal Uru》

効果モンスター
星10/闇属性/昆虫族/攻3000/守3000
「地縛神」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
また、1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上のモンスター1体をリリースする事で、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
エンドフェイズ時までコントロールを得る。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した闇属性昆虫族最上級モンスター
 地縛神共通の効果と、自分フィールド上のモンスターリリースし、相手モンスターコントロール奪取する起動効果を持つ。

 モンスターコストコントロール奪取を行える。
 だが、このカード召喚に加えて、自分フィールド上のモンスターリリースするコストがかかる。
 効果を使う際には既に通常召喚権を行使していることが多く、奪ったモンスターアドバンス召喚のためのリリースにするのは難しい。
 また、直接攻撃ができるモンスターなので、コントロール奪取によって相手除去する必要性は薄い。
 しかし、コントロール奪取からの追撃で大きな戦闘ダメージを狙えるため、有用と言える。
 トークンなどモンスターを確保できるカードアドバンス召喚を容易にできる点で相性がよく、効果コストも補いやすい。
 《魔獣の懐柔》ならアドバンス召喚用とこの効果のためのリリースを用意できる。

 召喚条件の無い昆虫族モンスターでは、デメリットは有るものの攻撃力守備力共に最高値。
 《共振虫》からサーチでき、《代打バッター》で簡単に特殊召喚する事が可能。
 《ギガプラント》による展開も可能だが、両者にシナジーするフィールド魔法《森》しかないため、【植物族】に入れるよりは、このカード召喚を狙った専用デッキを作った方がいいだろう。
 《スパイダー・エッグ》発動できれば直接攻撃を防ぎつつ、一気に3体のリリースを用意できる。
 そこからこのカード召喚すれば、そのままコントロール奪取を行う事も可能である。
 また、レベル9のモンスター《孵化》させるのも面白い。
 その場合にリリースするモンスターは、フィールドに出しやすい《ハネクリボー LV9》や、罠モンスターである《影依の原核》が適役だろう。
 他には、《幻獣機ハムストラット》《古の森》と組み合わせれば、無理やりコントロール奪取用のコストとその対象となるモンスターも、まとめて用意できる。

  • 1戦目の特殊召喚時の口上は「人々の魂を生贄に!降臨せよ!我が神、《地縛神 Uru》!」。
    2戦目のアドバンス召喚時の口上は「我が運命の光に潜みし亡者達の魂よ!流転なるこの世界に暗黒の真実を導くため、我に力を与えよ!現れよ!《地縛神 Uru》!」。
  • アニメの設定資料によると、当初はライディングデュエル中に出現している設定だった。
  • Z-ONEが遊星の情報を探す回想シーンで姿が確認できる。

関連カード

―蜘蛛をモチーフとするカードの一覧は《蜘蛛男》を参照。

収録パック等


Tag: 《地縛神 Uru》 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 昆虫族 攻3000 守3000 地縛神

広告