昼夜(ちゅうや)大火事(おおかじ)/Ookazi》

通常魔法
相手ライフに800ポイントダメージを与える。

 BOOSTER2で登場した通常魔法
 800ポイントの効果ダメージを与える効果を持つ。

 発動条件デメリットが無い単発火力魔法カードの中では、最大のダメージ量を持っている。
 しかし速度を重視する【フルバーン】等のバーンデッキでは、多少の扱いづらさは無視して《火炎地獄》《デス・メテオ》が採用される事が多い。
 さらに同じ数値を持ち、速攻魔法でもある《ご隠居の猛毒薬》が存在するため、優先度はあまり高くない。
 ただし、《連弾の魔術師》モンスター効果を活かせるため、【連弾バーン】で活用できるだろう。

  • 英語名は、ローマ字で「大火事」。
    何とも大胆かつシンプルなネーミングである。
  • 原作・アニメにおいて―
    STARTER DECK(2006)スペシャル版のルール紹介DVD「デュエルマスターズガイド」デモデュエル「十代vs翔」戦で十代が使用。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM1では「相手に2000ポイントのダメージを与える」という効果であった。
    これだけでも強力なのだが、このゲームの攻略本の一部に誤植で出回ったものがあり、そこでは「相手20000ポイントダメージを与える」とされていた。
    誤植と気づいた人には笑い話で済んだであろうが、誤植かどうか分からない子供たちの間では一時期これが幻の一撃必殺カードとして話題になった。
    続編のDM2以降の作品では《火炎地獄》など他のバーンカードと同様、与えられるダメージ量が大幅に下方修正されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《昼夜の大火事》 魔法 通常魔法

広告