挑発(ちょうはつ)/Taunt》

通常罠
相手ターンのメインフェイズ1に自分フィールド上モンスター1体を選択して発動する。  
選択したモンスターがフィールド上に存在する限り、
このターン相手がモンスターで攻撃を行う場合、
選択したモンスターを攻撃対象に選択しなければならない。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した通常罠
 攻撃対象を強制的に選択させる効果を持つ。

 発動タイミングが限定されている上、攻撃の強制ができない。
 《バトルマニア》《召喚制限−猛突するモンスター》とのコンボも考えられるが、《立ちはだかる強敵》の方が確実かつ安定性がある。
 こちらが勝る点といえば、《ミラージュ・ドラゴン》等に阻害されない点と裏側表示モンスターにも対応している点だろうか。
 しかし、攻撃は任意なので利点も薄いと言える。

 モンスターを並べる等して攻撃を抑制する目的でも、《威嚇する咆哮》等の方が有効である。

  • 海外版のイラストはコミカルかつ変なデザインのモンスター2体が挑発をおこなっており、日本版と大幅に異なっている。
    人種差別や暴力的表現、あるいは似たような人物が2人登場するアニメ「Beavis and Butt-Head」が存在することによる著作権上の問題を避けるためと考えられる。
    《デビル・コメディアン》も似たような仕様変更がされている。

関連カード

―《挑発》に関するイラストを持つカード
 海外版のイラストに描かれている芋虫のようなモンスターは、以下のカードイラストにも登場している。

収録パック等

FAQ

Q:同一ターンに複数の《挑発》が発動し、複数のモンスターに《挑発》の効果適用されいる場合、このカード発動したプレイヤー相手攻撃する際に《挑発》の効果適用されいるモンスターの中から自由に選んで攻撃対象にする事ができますか?
A:はい、できます。(15/05/27)


Tag: 《挑発》 通常罠

広告