超栄養太陽(ちょうえいようたいよう)/Super Solar Nutrient》

永続魔法
自分フィールド上のレベル2以下の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターのレベル+3以下のレベルを持つ植物族モンスター1体を、
手札・デッキから特殊召喚する。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
そのモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。

 CRIMSON CRISISで登場した永続魔法
 レベル2以下の植物族リリースすることで、そのモンスターレベル+3以下のレベル植物族特殊召喚する効果を持つ。

 ローレベル植物族コストに、高レベル植物族リクルートできる。
 リクルート先の筆頭は《ローンファイア・ブロッサム》で、こちらを経由する事でレベル制限無しで植物族リクルートできる。
 デッキ《ローンファイア・ブロッサム》が居ない場合でも、《スポーア》などの植物族チューナー《ダンディライオン》など、このカード自壊デメリットを活かせる、或いは影響を受けにくいカードは出す価値がある。
 捕食植物では、《捕食植物フライ・ヘル》《捕食植物スキッド・ドロセーラ》コストにして《捕食植物サンデウ・キンジー》リクルートする事で、相手モンスター捕食カウンターを置いて融合素材にする流れをスムーズに行える。

 リリース要員には、《スポーア》《薔薇恋人》《ダーク・ヴァージャー》《グローアップ・バルブ》等が挙げられ、これらは墓地効果を持つため、ディスアドバンテージの軽減に役立つ。
 同名カードを複数リクルートできる《イービル・ソーン》《ナチュル・チェリー》植物族トークンであるローズ・トークン綿毛トークン辺りも候補として有力である。

 欠点として、コストがある上に永続魔法である事から、発動時に《サイクロン》などをチェーンして除去された場合、大きなディスアドバンテージを負うことになる。
 そのため、相手伏せカードには細心の注意を払いたい。

  • 葉緑素を持つ植物は、光(主に太陽光)のエネルギーを用いて、吸収した二酸化炭素と水分とから有機化合物を合成する「光合成」を行なう。
    この栄養満点の太陽光を受けて、小さな植物が成長するイメージなのだろう。

関連カード

レベル2以下の植物族モンスター

レベル

レベル

収録パック等

FAQ

Q:レベル4の《ロードポイズン》レベル2になっています。
  このモンスターリリースした時、レベルは最大でいくつのモンスター特殊召喚できますか?
A:フィールド上でリリースされたときに適用されていたレベル+3になるので、レベル5までです。(13/11/16)

Q:この効果リリースして特殊召喚する効果は、手札からフィールドに出した(あるいはセット状態から発動した)時の1回のみですか?
A:はい、そうなります。(11/05/19)

Q:チェーンして《サイクロン》を使われた場合、自壊するものの特殊召喚自体はできますか?
A:いいえ、できません。(09/01/10)

Q:発動コストとして裏側表示レベル2以下のモンスターリリースすることができますか?
A:はい、できます。(10/10/13)

Q:発動コストとして綿毛トークンなどの植物族モンスタートークンをリリースすることはできますか?
A:はい、できます。(12/11/28)

Q:このカード効果特殊召喚したモンスターエクシーズ素材にした場合、このカードは自身の効果破壊されますか?
A:いいえ、その場合、このカードは特に効果のないカードとしてフィールドに残り続けます。(13/01/05)


Tag: 《超栄養太陽》 魔法 永続魔法

広告