超巨大空中宮殿(ちょうきょだいくうちゅうきゅうでん)ガンガリディア/Skypalace Gangaridai》

エクシーズ・効果モンスター
ランク10/風属性/機械族/攻3400/守3000
レベル10モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊し、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
「超巨大空中宮殿ガンガリディア」の効果は1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 コレクターズパック−ZEXAL編−で登場した風属性機械族エクシーズモンスター
 自身の攻撃を放棄する代わりに相手フィールド上のカード1枚を破壊して1000ダメージを与える起動効果を持つ。

 デメリットにより攻撃できなくなるものの、相手カード1枚を破壊しつつ、バーンも付随する。
 素材が2体の同ランクには《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》が存在するが、これらの中で攻撃力が最も高く、効果によりボード・アドバンテージを得やすい。
 しかし、効果を使うと攻撃不能になるデメリットがあるため、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》より総ダメージが低くなる。
 メインフェイズ2にエクシーズ召喚するのならば、《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》の方が有効な場合も多いので、差別化は意識する必要がある。

 RUM《CX 超巨大空中要塞バビロン》に繋げたり、《ソウル・チャージ》《転回操車》の(1)の効果を使用したターンであれば、攻撃不能のデメリットも軽減される。
 《重機貨列車デリックレーン》エクシーズ素材に持っていればこのカード効果と合わせて2枚のカード破壊することもできる。
 相手デッキの軸となっているフィールド魔法《マクロコスモス》などの永続カード破壊できるのは大きい為、ランク10のエクシーズ召喚に長けた【列車】では最低でも1枚は用意しておくのが望ましい。
 また、エクシーズ素材になるモンスターには《スキルドレイン》との相性が良いものも多いので、元々の攻撃力が上記2種のエクシーズモンスターより高いのもいざと言う時には役に立つだろう。

  • カード名の由来は、紀元前300年前後にガンジス川流域(現在のバングラデシュ)に存在したとされる国家「Gangaridai」だろう。
    アレキサンダー大王のインド遠征と同時期に存在した強大な国家であるとされるが、その存在を証明するものはギリシャやローマの史家がアレキサンダー大王について記した文献のみであり、その実態は謎が多い。
  • エクシーズ召喚時の口上は「天かける勇者と海の王女が結ばれる時、大いなる世界の不思議が花開く。エクシーズ召喚!いでよ!《超巨大空中宮殿ガンガリディア》!」。

関連カード

効果名関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:破壊する処理とダメージを与える処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いです。(13/08/26)


Tag: 《超巨大空中宮殿ガンガリディア》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク10 風属性 機械族 攻3400 守3000

広告