超古代生物(ちょうこだいせいぶつ)墓場(はかば)/Grave of the Super Ancient Organism》

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上のレベル6以上の特殊召喚されたモンスターは
攻撃宣言できず、効果を発動する事もできない。

 RAGING BATTLEで登場した永続罠
 レベル6以上の特殊召喚したモンスターの行動を制限する効果を持つ。

 限定的ではあるが、シンクロモンスター融合モンスター儀式モンスターらを筆頭に、該当レベルモンスター特殊召喚によってフィールドに出ることが多いため、有効となる状況は多い。
 ノーコストシンクロモンスター上級モンスターモンスター効果攻撃の両方を抑止する事ができるのは利点である。
 相手特殊召喚成功時に発動すれば起動効果等を封じ、相手の計算を狂わすことができる。
 フリーチェーンであるため、既に前のターン等に特殊召喚されているモンスターに対しても有効である。
 厄介なモンスターに対するメタカードとして非常に面白いカードと言える。

 下級モンスターレベル5の特殊召喚されたモンスター通常召喚された上級モンスターエクシーズモンスターが影響を受けないのが強みである。
 自分がそれらのカードを使用することで相手モンスターの行動だけを一方的に抑止することができる。
 このカードの効果とコンセプトの合致している【メタビート】に限らず、下級モンスターエクシーズモンスター主体のデッキ【帝コントロール】【死皇帝の陵墓】等でも活躍しやすい。
 また、永続カードであるため、《宇宙砦ゴルガー》等のバウンス効果持ちとも相性が良い。
 しかし、影響を受けにくいのは相手にとっても同様であり、メタカードとしては拘束力が緩い点が難点と言える。
 攻撃抑止では《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》効果抑止では《スキルドレイン》らに比べて安定せず、器用貧乏な面もある。

 特にリリース等の起動効果誘発効果を持つ上級モンスターを採用するデッキ環境に現れた際に、それ以外のデッキに投入する事になるだろう。

関連カード

―類似効果

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚されたモンスター攻撃宣言時に《超古代生物の墓場》を発動した場合、攻撃無効になりますか?
A:いいえ、攻撃はそのまま続行されます。(09/02/16)

Q:特殊召喚されたレベル6以上のモンスター《月の書》などで裏側守備表示になり、その後反転召喚した場合攻撃宣言効果発動する事はできますか?
A:どちらもできません。(09/02/19)

Q:特殊召喚されたレベル6以上のモンスター《亜空間物質転送装置》除外され、その後フィールドに戻った場合攻撃宣言効果発動する事はできますか?
A:どちらもできません。(10/09/18)

Q:レベル6以上のデュアルモンスター特殊召喚し、そのモンスター再度召喚した場合攻撃宣言効果発動する事はできますか?
A:どちらもできません。(10/05/29)

Q:効果を受けるモンスター効果発動した時にこのカードチェーンして発動した場合、どのように処理しますか?
A:既に発動している効果に対してこのカードチェーンして発動してもその効果無効にならず、そのまま処理を続けます。(09/02/20)

Q:このカードの効果はこのカード発動する前のターン特殊召喚されたレベル6以上のモンスターにも有効ですか?
A:有効です。それらのモンスター攻撃宣言効果発動する事ができなくなります。(09/03/02)

Q:特殊召喚されたレベル6以上のモンスターレベル5以下となったとき、このカードの効果を受けますか?
A:いいえ、レベル5以下となった場合は攻撃宣言効果発動する事ができるようになります。(09/03/02)

Q:このカード表側表示で存在する時、特殊召喚されたレベル6以上のモンスター永続効果無効化されますか?
A:永続効果効果発動ではないため無効化されません。(09/08/27)

Q:このカード表側表示で存在する時、相手《サイクロン》発動しこのカード破壊しようとしました。
この時、自分フィールド《スターダスト・ドラゴン》リリースし、その効果《サイクロン》効果無効化し破壊できますか?
A:《スターダスト・ドラゴン》効果フィールド発動しているため、《超古代生物の墓場》が表側表示で存在する場合、効果発動できません。
また、効果発動できないためコストとしてリリースすることも出来ません。(09/08/29)


Tag: 《超古代生物の墓場》 永続罠

広告