超合魔獣(ちょうごうまじゅう)ラプテノス/Superalloy Beast Raptinus》

融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2200/守2200
デュアルモンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドのデュアルモンスターは全て、
もう1度召喚された状態として扱う。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した光属性ドラゴン族融合モンスター
 デュアルモンスター2体を融合素材とし、全てのデュアルモンスター再度召喚された状態に保つ永続効果を持つ。

 融合素材モンスターの条件が緩く容易に融合召喚でき、デュアルモンスターをサポートできる。
 墓地にからの特殊召喚を狙い《未来融合−フューチャー・フュージョン》で指定するのも手。
 このカード自身の効果と合わせ、《ギガプラント》《地獄の門番イル・ブラッド》を大量展開することも可能。

 融合召喚するのなら、《龍の鏡》《融合》の2つの特殊召喚手段が考えられる。
 前者は手札の消費こそ少ないが墓地アドバンテージを失い、デュエル序盤・中盤は使いづらい。
 後者は墓地アドバンテージを得ることができるが、逆にカード・アドバンテージを失うので、終盤はかなり使いづらい。
 結局のところ一長一短なので自分デッキの特徴や現在の状況に合わせて使おう。
 《融合》を多用する場合は、《闇の量産工場》サポートカードとして有効である。

 しかし、ステータスの低さが問題となる。
 攻撃力2200はかろうじて《サイバー・ドラゴン》を倒せるほどの数値であり、同じく上級モンスターでも攻撃力が低いとされる《スターダスト・ドラゴン》にも力負けしてしまう。
 墓地融合ならば同じ融合素材《始祖竜ワイアーム》融合召喚でき、単純な場持ちでは見劣りする。
 攻守の見極めを誤らず使い分け、他のモンスター効果魔法・罠カードなどで積極的にバックアップしていきたいところ。

 また、このカードフィールドから離れたり裏側守備表示になった場合は効果適用されなくなり、デュアルモンスター通常モンスター扱いに戻る。
 融合素材の関係上融合素材代用モンスターを利用できず、《融合呪印生物−光》起動効果による特殊召喚もできない。

  1. 《ギガプラント》フィールドに存在する場合。
    《ギガプラント》効果手札または墓地《ギガプラント》《炎妖蝶ウィルプス》特殊召喚し、《キャノン・ソルジャー》などで効果使用済みの《ギガプラント》射出する。
  2. 《炎妖蝶ウィルプス》フィールドに存在する場合。
    《炎妖蝶ウィルプス》リリースすることで墓地《ギガプラント》蘇生する。

《ギガプラント》《炎妖蝶ウィルプス》はどちらもこのカード融合素材として墓地へ送ることができ、蘇生手段も多いため、このカードと共にフィールドに並べるのは容易である。
メインデッキに入るコンボパーツのうち《ギガプラント》以外は複数の選択肢があるため、投入枚数を多くしたり、他のコンボとの相性で選択することができる。

  • 英語名の「Superalloy(スーパーアロイ》」とは、「超合金」の意味。
    ちなみに「alloy」だけだと「合金」になる。
    超合金でビースト(日本語版では魔獣)だが、機械族でも獣族でもなくドラゴン族である。

関連カード

―×2という融合素材

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードフィールドから離れたとき、再度召喚の状態になっているデュアルモンスターはどうなりますか?
A:通常モンスター扱いに戻ります。また、このカードが出される前に既に再度召喚されているデュアルモンスターの場合は再度召喚された状態のままです。(07/07/21)


Tag: 《超合魔獣ラプテノス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻2200 守2200

広告