超合魔獣(ちょうごうまじゅう)ラプテノス/Superalloy Beast Raptinus》

融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2200/守2200
デュアルモンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドのデュアルモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した光属性ドラゴン族融合モンスター
 フィールドデュアルモンスター再度召喚された状態として扱う永続効果を持つ。

 デュアルモンスターをサポートでき、融合素材【デュアル】ならば非常に緩い。
 墓地肥やし狙いで《未来融合−フューチャー・フュージョン》を利用するのも手。

 何体でも再度召喚状態にできる性質上、特に《ギガプラント》《地獄の門番イル・ブラッド》及びこれらを蘇生できる《炎妖蝶ウィルプス》と相性が良く、1体でも並べば同名カードを可能な限り蘇生することができる。
 墓地が整っていれば、このカードに加えてそれらの同名カード3体+効果に対応する任意のモンスター1体が並ぶことになり、勝負を決めるのに十分な爆発力を発揮する。

 ただし、ループコンボを行う場合や単純にモンスターを大量展開する場合、エクストラモンスターゾーンのこのカードが邪魔になる。
 【デュアル】での大量展開はこのカードが起点になるので、事前にリンクモンスターを用意するのは難しい。
 このカードを移動しようとすると無理が出るため、基本的にはメインデッキモンスターだけで展開することになる。

 このカードドラゴン族なので、《星遺物の守護竜》フィールドから離さずにメインモンスターゾーンに移動できる。
 相手デュアルモンスター再度召喚状態にすることを利用して、《シエンの間者》で送り付けてもよい。
 この場合はエクストラモンスターゾーンだけでなくメインモンスターゾーンも空けることができる。
 《グラビティ・コントローラー》リンク素材にすればリンク先を確保でき、《再融合》《戦線復活の代償》蘇生すればメインモンスターゾーンに移動できる。

 リンクモンスターでは《クロシープ》が相性が良い。
 「●融合」の効果《炎妖蝶ウィルプス》蘇生させれば展開の起点にできる。

 融合召喚するのなら、《龍の鏡》《融合》の2つの特殊召喚手段が考えられる。
 前者は手札の消費こそ少ないが墓地アドバンテージを失い、デュエル序盤・中盤は使いづらい。
 後者は墓地アドバンテージを得ることができるが、逆にカード・アドバンテージを失うので、終盤はかなり使いづらい。
 結局のところ一長一短なので自分デッキの特徴や現在の状況に合わせて使おう。
 《融合》を多用する場合は、《闇の量産工場》サポートカードとして有効である。
 《龍の鏡》等の墓地融合ならば同じ融合素材《始祖竜ワイアーム》融合召喚できる。
 ドラゴン族融合モンスターなので、《オッドアイズ・フュージョン》《ドラゴンメイドのお召し替え》《EMオッドアイズ・ディゾルヴァー》にも対応する。

 融合素材の関係上融合素材代用モンスターを利用できず、《融合呪印生物−光》起動効果による特殊召喚もできない。
 このカードは効果さえ適用できれば容易に1ターンキルが達成できるため、《デビル・フランケン》のようなハイリスクな方法も候補になる。

  • 英語名の「alloy(アロイ)」とは、「合金」の意味。
    そこに「super」をつけて「超合金」となっている。
    超合金でビースト(日本語版では魔獣)だが、機械族でも獣族でもなくドラゴン族である。

関連カード

―×2という融合素材

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードフィールドから離れたとき、再度召喚の状態になっているデュアルモンスターはどうなりますか?
A:通常モンスター扱いに戻ります。
  また、このカードが出される前に既に再度召喚されているデュアルモンスターの場合は再度召喚された状態のままです。(07/07/21)


Tag: 《超合魔獣ラプテノス》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻2200 守2200

広告