超重荒神(ちょうじゅうこうじん)スサノ−(オー)/Superheavy Samurai Warlord Susanowo》

シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻2400/守3800
機械族チューナー+チューナー以外の「超重武者」モンスター1体以上
このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。
(1):このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。
(2):1ターンに1度、自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合、
相手の墓地の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した地属性機械族シンクロモンスター
 超重武者として扱う効果外テキスト守備表示攻撃できる永続効果、相手の墓地魔法・罠カードを奪う誘発即時効果を持つ。

 シンクロ素材の非チューナー超重武者が指定されており、更に(2)の効果を使うには墓地魔法・罠カードがない必要がある。
 事実上【フルモンスター】【超重武者】の専用カードであり、デッキ構築には大きな制約が加えられる事は覚悟しなければならない。
 シンクロ召喚《超重武者ホラガ−E》《超重輝将ヒス−E》、もしくはレベル4の超重武者2体を使用して出すのが良いか。
 前者の場合、自身の効果特殊召喚した《超重武者ホラガ−E》リリースして《超重輝将ヒス−E》アドバンス召喚すれば、そのまま自己再生させて揃える事ができる。
 後者の場合、《超重武者ホラガ−E》または《超重武者テンB−N》を自身の効果特殊召喚してもう一方を通常召喚《超重武者テンB−N》効果レベル4の超重武者蘇生させるのが最も楽だろう。

 超重武者として扱い、(1)の効果《超重武者ビッグベン−K》とほぼ同じもののため、基本的には同様の運用が可能な上位種となる。
 ただし、このカードは自身以外の超重武者守備表示攻撃できる効果がない点には注意が必要。
 また、《奈落の落とし穴》に引っかかる攻撃力であることも気をつけるべきだろう。

 特筆すべきは(2)の効果で、条件さえ満たせば相手墓地カードフリーチェーンで奪うことができる。
 ただし、通常魔法等は当然自分ターンでしか使えず、セットであるため速攻魔法罠カードも奪ったターン内には発動できない。
 条件に加え、タイミングの読みも重要となり相手への依存も強いが、逆に相手の強力な魔法・罠カードの使用への牽制としても機能する。
 セットした後は除外されるため、発動が目的でないカードでも墓地利用の妨害のために選択することができる。
 《ブレイクスルー・スキル》等の墓地で使える罠カードを奪い、再利用の妨害も可能。
 墓地魔法カードサルベージするデッキは意外と多いため、それを妨害できるのは大きな強みとなる。

  • シンクロ召喚時の口上は「荒ぶる神よ、千の刃の咆哮と共に砂塵渦巻く戦場(いくさば)に現れよ!シンクロ召喚!いざ出陣!レベル10!《超重荒神スサノ−O》!」。
    「権現坂vs暗国寺」戦では「咆哮」が「」になっており、フィールドが《絶海の孤島》だったためか、「砂塵」が「荒波」になっている。
    また「権現坂vsデニス」戦では権現坂をヒーローに見立てたショーのためか、「砂塵渦巻く」の部分が「子供らに見守られし」に変化している。
    • なお、初登場時の召喚口上は公式ホームページの「熱血!デュエル塾」第33回における召喚口上ランキングでは第1位に輝き紹介されている。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    シンクロ・効果モンスター 
    星10/地属性/機械族/攻2400/守3800 
    チューナー+チューナー以外の「超重武者」モンスター1体以上 
    このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。 
    (1):このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。 
    その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。 
    (2):このカードが守備表示で、自分の墓地に魔法カードが存在しない場合、 
    1ターンに1度、500LPを払い、相手の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。 
    そのカードを自分の手札として発動する。 
    この効果で自分の手札としたカードはフィールドから離れた場合に除外される。 
    この効果は相手ターンでも発動できる。 
    OCGに比べるとチューナー縛りがなく、相手墓地カードセットせずに即座に発動する代わりに、ライフコストが必要であり罠カードが対象外だった点で異なっている。

関連カード

特定のカテゴリカードとしても扱うカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールドゾーンフィールド魔法がある時、フィールド魔法対象として(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動する事ができ、自分フィールド魔法墓地へ送り、相手墓地フィールド魔法セットする事ができます。(14/11/20)

Q:このカードの効果《くず鉄のかかし》セットし、《くず鉄のかかし》発動して再びセットされました。その《くず鉄のかかし》フィールドを離れた場合、除外されますか?
A:いいえ、除外されません。(14/11/14)

Q:このカードの効果セットした魔法・罠カード発動《神の宣告》効果無効になった場合、その魔法・罠カード除外されますか?
A:いいえ、除外されません。(14/11/14)

Q:《ヒーロー・マスク》名前を変えた場合も「超重武者モンスターとして扱いますか?
A:「超重武者」と名のついたカードとしては扱わなくなります。(16/04/23)

Q:持ち主相手である《永遠の魂》をこのモンスターの(2)の効果により自分フィールドセットし、次のターン発動しました。
  その後、自分フィールド表側表示になっている《永遠の魂》破壊され、相手除外ゾーンに送られました。
  この場合、《永遠の魂》の(3)「自分フィールドモンスターを全て破壊する。」効果はどのように処理しますか?
A:《永遠の魂》の(3)の自分とは「持ち主」のことを指しています。
  ご質問の状況の場合、《永遠の魂》持ち主フィールドモンスターが全て破壊されます。(16/12/19)


Tag: 《超重荒神スサノ−O》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星10 地属性 機械族 攻2400 守3800 超重武者

広告