超重武者(ちょうじゅうむしゃ)ヌス−10(トウ)/Superheavy Samurai Thief》

効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻1000/守1000
(1):自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚に成功したターン、自分は「超重武者」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードをリリースし、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手の魔法&罠ゾーンのカード1枚を選んで破壊する。
その後、破壊したその魔法・罠カードを自分フィールドにセットできる。
●相手のPゾーンのカード1枚を選んで破壊する。
その後、破壊したそのカードを自分のPゾーンに置く事ができる。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した地属性機械族最上級モンスター
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果、自身をリリースして相手フィールド魔法・罠カード及び相手ペンデュラムゾーンカード破壊し、奪うことができる起動効果を持つ。

 特殊召喚条件は《超重武者ホラガ−E》《超重武者ビッグワラ−G》等と同じくフルモンスター型の【超重武者】向け。
 レベルが高すぎるためシンクロ素材には使いにくく、超重武者しか出せなくなる制約から、エクシーズ素材などにも使いにくい。
 (2)の効果に繋ぐのが主になる。

 なお(2)の効果【フルモンスター】でなくとも利用できるため、《機甲部隊の最前線》《ブラック・ガーデン》《機械複製術》コンボも利用できる。

 (2)の効果相手魔法&罠ゾーンペンデュラムゾーンカードを奪える効果
 奪えるカードの性能が相手依存なので安定しないが、とりあえず成功さえすれば1枚分のアドバンテージにはなる。
 また奪うのは任意なのでデメリットのあるカード《おジャマジック》等で相手を助けてしまう恐れもない。
 対象をとる効果ではないため、相手チェーンして魔法・罠カード発動した場合は別のカードを選ぶことも可能。
 なお、チェーンして発動されたカード破壊したとしても問題なくセットすることができる。(15/07/17)

 大したコストなく除去を行えるカードは多いが、このカード墓地利用やエクストラデッキからの再利用を一定の間防げるという大きな個性を持つ。
 さらにカード破壊した後は非公開情報に置くことができるため、《アーティファクトの神智》などの破壊を条件として発動される効果発動されることがない。
 そのためこのカード特殊召喚する余裕のあるデッキ等に採用する価値もある。

  • 武蔵坊弁慶のエピソードには勝つ度に相手の刀を没収していた話がある。
    おそらくモチーフはこのエピソードであり、後述の通り読みが「ト」ではなく「トウ」なのも「刀」を盗むからだろう。
    もしくは歌舞伎で盗人の道具とする「弁慶の七つ道具」や、安宅の富樫を盗人と言ったエピソードの可能性もある。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《マクロコスモス》フィールドに存在する時にこのカードの(2)の効果相手魔法&罠ゾーンペンデュラムゾーンカード破壊されて除外された場合でも、そのカードセットしたり、ペンデュラムゾーンに置く処理は行なう事ができますか?
A:はい、できます。(15/07/17)

Q:このカードの(2)の効果相手《不運の爆弾》破壊自分フィールドセットした場合、《不運の爆弾》効果発動しますか?
A:いいえ、しません。(16/06/27)


Tag: 《超重武者ヌス−10》 モンスター 効果モンスター 星10 地属性 機械族 攻1000 守1000 超重武者

広告