超重武者装留(ちょうじゅうむしゃそうる)チュウサイ/Superheavy Samurai Soulpeacemaker》

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻   0/守   0
「超重武者装留チュウサイ」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「超重武者」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドのこのモンスターを
装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードが装備されている場合、
相手は装備モンスター以外の自分のモンスターを攻撃できない。
(3):このカードの効果でこのカードを装備した自分のモンスターをリリースして発動できる。
デッキから「超重武者」モンスター1体を特殊召喚する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した地属性機械族下級モンスター
 自分フィールド超重武者に自身を装備する起動効果装備モンスター以外への攻撃を封じる効果装備モンスターコスト超重武者リクルートする効果を持つ。

 (1)は超重武者装留共通の装備カードとなる効果
 戦闘破壊耐性を持つ《超重武者ワカ−O2》や高い守備力を持つ《超重武者ビッグベン−K》に装備することで、(2)の攻撃誘導効果により他のモンスターを守れる。
 ただし除去の豊富な環境では装備モンスターごと除去されやすく、《超重武者装留ファイヤー・アーマー》等と併用しなければフィールドに維持する事は難しい。
 決して使えない効果ではないが、(3)の効果の方がこのモンスターのメインとなるだろう。

 (3)の効果装備モンスターリリースすることで超重武者リクルートするもの。
 キーカードである《超重武者ビッグベン−K》をはじめ、超重武者を制限なくリクルートできるのは有用である。
 ただし、リリースしたモンスターと共にこのカード自身も墓地に送られるため、むやみに使用するとカード・アドバンテージは1枚分の損失となる。
 後述する他のカードとのコンボを利用することで損失を軽減したい。

 超重武者装留サーチできる《超重武者ダイ−8》との相性は抜群であり、そちらでこのカードサーチすることで《超重武者ダイ−8》1枚が超重武者の万能リクルーターになる。
 《超重武者装留イワトオシ》とも相性が良く、あちらをリリースする事でサーチリクルートを同時に行える。
 また、《超重武者テンB−N》でこのカード蘇生して(1)の効果で装備することでも、手札1枚の消費で超重武者を自由にリクルートできる。

 超重武者の多くをリクルートできるモンスターには《巨大ネズミ》も存在している。
 こちらはほかのカードでフォローしなければ1枚の損失が発生するが、《巨大ネズミ》ならば発動に成功すれば損失は生じない。
 《超重武者タマ−C》リクルートできる点やメインフェイズリクルートできる点、超重武者シンクロモンスターシンクロ素材になれる点は《巨大ネズミ》にはない利点である。
 消費こそ増えるものの、特殊召喚メインフェイズであることを活かして《超重武者カゲボウ−C》特殊召喚するのも面白い。
 手札超重武者特殊召喚しつつ、相手を牽制できる。

 超重武者の多くが持つ魔法・罠カードに関する制約もないため、《ブラック・ガーデン》を軸とした型でも採用が見込める。
 もっとも、そちらでは《巨大ネズミ》で十分な場合もあり、どちらを使うかは考えたい。

  • 名前の由来は「仲裁」だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《超重武者装留チュウサイ》 モンスター 効果モンスター 星1 地属性 機械族 攻0 守0 超重武者 超重武者装留

広告