超戦士(ちょうせんし)萌芽(ほうが)/Super Soldier Synthesis》

儀式魔法
「カオス・ソルジャー」儀式モンスターの降臨に必要。
「超戦士の萌芽」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):レベルの合計が8になるように、以下のどちらかの組み合わせのモンスターを墓地へ送り、
自分の手札・墓地から「カオス・ソルジャー」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
●手札の光属性モンスター1体とデッキの闇属性モンスター1体
●手札の闇属性モンスター1体とデッキの光属性モンスター1体

 レイジング・テンペストで登場した儀式魔法
 手札デッキから光属性及び闇属性モンスター墓地へ送りカオス・ソルジャー降臨させる効果を持つ。

 手札デッキから光属性闇属性モンスターを1体ずつ、合計レベルが8になるように墓地へ送るという、これまでの儀式魔法とは異なった効果を持つ。
 墓地効果を発揮するモンスターや、墓地へ送られた場合に効果を発揮するモンスターデッキから墓地へ送る事ができるので、それらの効果を利用しやすい。
 該当する闇属性光属性カードについては《終末の騎士》《曙光の騎士》を参照。
 一方、聖刻《疾走の暗黒騎士ガイア》《覚醒の暗黒騎士ガイア》《サクリボー》リリースされた場合の効果は使用できない。

 《オッドアイズ・アドベント》等と同じく、墓地からの儀式召喚も可能で、このカード墓地送り用のモンスター1枚で儀式召喚を行える。
 カオス・ソルジャーはいずれもレベル8で《トレード・イン》に対応しており、手札から直接墓地へ送った儀式モンスター召喚できるのは、大きなメリットである。

 レベルの合計が決められているので、デッキ構築の段階から、どの属性レベルの組み合わせで儀式召喚するのかを決めておく事が望ましい。

 レベル4+レベル4の場合、《開闢の騎士》《宵闇の騎士》儀式魔人墓地へ送れば、儀式召喚に使用した事になるため、カオス・ソルジャー効果を付与できる。
 特に《開闢の騎士》《儀式魔人プレサイダー》を組み合わせれば、モンスター連続攻撃ドロー加速でアドバンテージを稼ぐ事ができる。
 《開闢の騎士》《宵闇の騎士》《エクリプス・ワイバーン》を、《混沌の使者》《妖精伝姫−シラユキ》と共に墓地へ送れば、除外トリガーとするサーチ効果も使用可能。
 また、儀式召喚サポート《マンジュ・ゴッド》や、《カオス・ソルジャー》デッキから墓地へ送る事ができる《E・HERO プリズマー》も併用しやすい。
 《Emトリック・クラウン》《BF−精鋭のゼピュロス》《ライトロード・ビースト ウォルフ》などの自己再生できるモンスターと組み合わせれば、ランクエクシーズ召喚に利用することもできる。
 その他、《超戦士カオス・ソルジャー》と組み合わせることで大ダメージを狙える《月光紅狐》や、汎用性の高い《シャドール・ドラゴン》《超電磁タートル》等、採用候補は幅広い。

 レベル5+レベル3の場合、レベル5に光属性モンスターを採用する事で、《儀式魔人リリーサー》によって効果を付与できる。
 手札腐りづらいアーティファクトや、《混沌の場》魔力カウンターを2個置くことができる《サンダー・ドラゴン》が利用できるだろう。
 この他に有用なモンスター《セイクリッド・プレアデス》のページを参照。

 レベル7+レベル1の場合、暗黒騎士ガイアリリーストリガーとする効果を使用できないが、他の儀式魔法と併用したり、《超戦士カオス・ソルジャー》特殊召喚効果を活かすならば採用できる。
 レベルモンスターは、光属性では、汎用性の高い《エフェクト・ヴェーラー》《虹クリボー》が扱いやすい。
 また、《伝説の白石》墓地へ送ることで《青眼の白龍》サーチでき、《カオス・フォーム》での儀式召喚に利用することもできる。
 闇属性では、墓地で使用できる効果を持つ《儀式魔人ディザーズ》《サクリボー》《クリボール》などが候補になる。

 墓地光属性闇属性が揃うので、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》をはじめとするカオスモンスター召喚条件が整い、《超戦士の儀式》墓地効果発動コストも確保できる。
 それらで《開闢の騎士》《宵闇の騎士》除外することで、サーチ効果を使用できる。

 融合素材代用モンスターには、《心眼の女神》《融合呪印生物−闇》など、このカード墓地へ送りやすいモンスターも存在しており、そこから《龍の鏡》を使った《究極竜騎士》融合召喚を狙う事もできる。

  • 「萌芽」とは、植物の芽が萌え出ることを指す言葉だが、そこから転じて「物事の始まり、きざし」といった意味もある。
    英語名の「Synthesis」は合成・統合などをあらわす単語。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《超戦士の萌芽》 魔法 儀式魔法

広告