超電磁(ちょうでんじ)タートル/Electromagnetic Turtle》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻   0/守1800
「超電磁タートル」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):相手バトルフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのバトルフェイズを終了する。

 決闘王の記憶−決闘者の王国編−で登場した光属性機械族下級モンスター
 自身を墓地から除外することでバトルフェイズを終了させる誘発即時効果を持つ。

 《ネクロ・ガードナー》《タスケナイト》の中間のような効果で、発動条件が緩く防御性能も高い。
 一方でデュエル中に1度しか使えないため、二枚目以降や帰還などによる再利用ができず、メインフェイズ中に相手の干渉を受けやすい点は《タスケナイト》と変わらない。
 一応攻撃宣言時に手札交換などで墓地に置き、バトルステップ効果を使用するといった動きは可能。
 ただアドバンテージには直結しないので、わざわざ手間をかけて発動を補助するより、相手の妨害はある程度割り切って利用するほうが無難ではある。

 【ライトロード】と相性がよく、ライトロード墓地肥やし能力により効率的に墓地へ送り込む事ができる。
 また、光属性ゆえに《武神帝−ツクヨミ》等のエクシーズ素材にでき相手ターンに守る事が出来るほか、《デブリ・ドラゴン》蘇生してランク4を出すことも可能。
 墓地肥やしを多用するデッキでは非常に優秀なカードとなる。
 他、《ブリリアント・フュージョン》出張させる際に、墓地発動するモンスターを増やす場合は《Emトリック・クラウン》らと共にまず候補となる。
 このカード効果《ジェムナイト・セラフィ》を守る事ができれば、次のターンにまた2回の召喚を行える。

  • アニメGXでは、タイタンに負けたデュエリストが持っていた。
    また、デュエルアカデミア資料展示室にこのカードのディスプレイが確認できる。
    英語版アニメでは影丸が三幻魔に精気を吸い取らせる場面で、双六の店の中で吸い取られていくモンスターの中に確認できる。
  • 初登場時の時は実在しない第2期仕様の通常モンスターカード枠の色であったが、再登場時に第3期〜第6期の世界統一フォーマットに変更された為、効果モンスターの色に修正された。
  • このカードが初登場したのは2002年11月12日の放送分であり、OCG化するまで11年半近くもの時間を要している。
    このカードOCG化以降、原作・アニメDMで使用されたカードが次々とOCG化されており、10年以上の時を要することも珍しくなくなっている。
  • コナミのゲーム作品において―
    双六のスゴロクでは他の「ドーマ編」のカードと共に収録されていた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/03/08)


Tag: 《超電磁タートル》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 機械族 攻0 守1800

広告