超熱血球児(ちょうねっけつきゅうじ)/Ultimate Baseball Kid》

効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻 500/守1000
フィールド上にこのカード以外の炎属性モンスターが存在する場合、
このカードの攻撃力は1体につき1000ポイントアップする。
このカード以外の炎属性モンスターを墓地に送る度に、
相手プレイヤーに500ポイントダメージを与える。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した炎属性戦士族下級モンスター
 自己強化する永続効果相手ライフダメージを与える起動効果を持つ。

 単体では貧弱だが、効果によって爆発的な攻撃力の増加が望める。
 自身を特殊召喚し、その時に《地獄の暴走召喚》を使用すれば攻撃力2500を3体並べられる。
 レベル3であるため《クレーンクレーン》から蘇生し、《グレンザウルス》エクシーズ召喚すると無駄なく使える。

 他、《炎の精霊 イフリート》《インフェルノ》等、特殊召喚しやすい炎属性を採用して畳み掛けたい。
 《真炎の爆発》とは相性が良く、このカード自身は特殊召喚できないが簡単に破格な攻撃力を得られ、火力としての役割も十分に発揮できる。
 【ラヴァル】等に1枚挿しておけば、高火力バーン効果により引導火力となる事もできる。
 守備力等の面ではシナジーは無いものの、《増援》を投入する際に《ラヴァル・キャノン》だけでは不安と感じた時に投入を検討できるか。

 相手フィールド上に炎属性モンスターが居てもパワーアップできる。
 《DNA移植手術》で全てのモンスター炎属性にすると、凄まじい攻撃力を得られ、上記《地獄の暴走召喚》相手に展開を強要できるため相性がいい。
 《火霊使いヒータ》等を使うデッキにおいて、相手の大量展開を利用する事も可能となる。
 《ヴォルカニック・クイーン》を使ってもいいかもしれない。

 《DNA移植手術》で全てのモンスター炎属性にしている場合は《スケープ・ゴート》を使用することで攻撃力を4500まで上げられる。
 他にも【イグナイト】ならば、共通のペンデュラム効果サーチサルベージ可能な上に、ペンデュラム召喚で大量展開が可能なので、高い攻撃力を期待できる。
 ただし、トークンペンデュラムモンスター射出効果コストとして墓地へ送ることができない点には注意。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALのWDC決勝大会に登場したバーニング虎丸のデッキタイプが「Ultimate Baseball Kid Burn」と表示されていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    元ネタはコナミの野球ゲーム『実況パワフルプロ野球シリーズ』『パワプロクンポケットシリーズ』だろう。
  • WCS2008では、第90回全国高校野球選手権大会の開催日である8月2日にこのカードが配信された。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《DNA移植手術》で全てのモンスター炎属性にした後、効果相手モンスター墓地へ送ることは可能ですか?
A:コストなので自分フィールドモンスターしか選択できません。

Q:自分フィールド上の裏側表示で存在する炎属性モンスター墓地に送ってダメージを与える効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/05/25)


Tag: 《超熱血球児》 効果モンスター モンスター 星3 炎属性 戦士族 攻500 守1000

広告