超念導体(サイコンダクター)ビヒーマス/HTS Psyhemuth》

シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/サイキック族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが相手モンスターと戦闘を行った時、
そのモンスターとこのカードをゲームから除外できる。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した地属性サイキック族シンクロモンスター
 戦闘を行った自身と相手モンスター除外する誘発効果を持つ。

 シンクロモンスター版の《異次元の女戦士》と言える。
 しかし、あちらと違い1:1交換を狙いづらく、リクルーターモンスター相手に使うとディスアドバンテージになってしまう。
 また、単に除去目的ならば戦闘を行う必要がなく、自身を犠牲にせずに除去できる可能性を持つ《獣神ヴァルカン》《レッド・ワイバーン》が同レベルに存在している。
 そのためこのカードを使うならばアタッカーとして使いつつ、効果破壊に強いモンスターブロッカーを相手にする場合に使う事になるだろう。

 同じような動きが期待できるカードとしては、《天狼王 ブルー・セイリオス》が存在しており、シンクロ召喚の条件や攻撃力が共通する。
 こちらは効果による破壊に対応しないため、特にモンスター効果によってこれを行うモンスターに弱い。
 反対に、守備表示で居座りつつモンスター効果を利用できるものに関してはこちらの方が確実に無力化できる。
 特に自己再生能力を持つ《暗黒界の龍神 グラファ》《マシンナーズ・フォートレス》などに対しては、他のシンクロモンスターでは対応しにくいため有効である。

 普通に出してもアドバンテージになりにくいが、縛りのないレベルシンクロモンスターということで、《BF−極北のブリザード》《クレーンクレーン》のように、1枚でこのカードに繋げられるカードも少なくない。
 そういったカードと併用し、さながらエクストラデッキに置いておける《異次元の女戦士》のような運用をすることが最も合理的で扱いやすい利用法だろう。

  • その扱いやすさが評価されてか、海外ではスーパーレアへ格上げとなった。
  • 「ビヒーマス」は「ベヒーモス」と鉱石である「ビスマス」を掛けたものか。
    「サイコンダクター」は、「サイコ」と「コンダクター(導体)」を組み合わせた造語だろう。
    英語名にある「HTS」とは恐らく「High-Temperature Semiconductor(高温半導体)」の頭文字を取った略語であろう。
    「念導」を髣髴させる要素が丸々抜け落ちているが、代わりに後半が「サイコ」と「ビヒーマス」を掛け合わせたものになっている。

関連カード

―ベヒーモス

収録パック等


Tag: 《超念導体ビヒーマス》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星6 地属性 サイキック族 攻2400 守1800

広告