超魔導竜騎士(ちょうまどうりゅうきし)−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻3000/守2500
「ブラック・マジシャン」+「真紅眼の黒竜」またはドラゴン族の効果モンスター
(1):このカードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
この効果は1ターン中に、このカードの融合素材とした通常モンスターの数まで使用できる。
(3):1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。
その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を1000アップする。

 LEGENDARY GOLD BOXで登場した闇属性魔法使い族融合モンスター
 効果の対象にならない耐性破壊耐性永続効果相手モンスター破壊ダメージを与える起動効果魔法モンスター効果無効にし破壊して自己強化する誘発即時効果を持つ。

 融合素材《ブラック・マジシャン》《真紅眼の黒竜》を指定しているが、効果自体は特にどちらに関わるものでもない。
 そのため、このカードを出すデッキとしては以下の4パターン(+出張)が考えられる。

  1. 《ブラック・マジシャン》《真紅眼の黒竜》を搭載し、このカード融合召喚に特化したデッキ
    登場直後の環境においては最も主流のタイプであり、《ブラック・マジシャン》《真紅眼の黒竜》を最小限投入し、《真紅眼融合》《円融魔術》融合召喚を行う。
    リンク召喚しやすい《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》でそれらをサポートできるのも見逃せない。
    【ブラック・マジシャン】【真紅眼の黒竜】の要素は、《真紅眼融合》サーチできる《レッドアイズ・インサイト》とそのコストであるレッドアイズモンスターを投入するくらいで、後は単体性能の高い汎用カードが中心となる。
    コストであるレッドアイズモンスターには墓地効果でこのカード蘇生できる《真紅眼の飛竜》が採用されやすい。

  2. 融合召喚【ブラック・マジシャン】
    この場合は《真紅眼の黒竜》の代わりにドラゴン族効果モンスター融合素材に使える。
    こちらならば《呪符竜》《竜騎士ブラック・マジシャン》融合素材が共通しているため使い分けが可能で、手札事故のリスクも減らせるので構築も楽になる。
    無論《ティマイオスの眼》にも対応しており、《ブラック・マジシャン》融合素材扱いのため(2)も発動できる。
    こちらを狙うなら、メインデッキに無理にドラゴン族を投入しなくても融合召喚できるのも大きな利点。
    (2)の発動回数が1ターンに1度になるという欠点はあるが、それを加味してもリターンはかなり大きい。
    (3)の効果《永遠の魂》を守ることができ、《永遠の魂》破壊されても破壊耐性があるため破壊されないなど相性が良い。

  3. 融合召喚【真紅眼の黒竜】
    【ブラック・マジシャン】型と比べ《真紅眼融合》デッキ融合できる事が最大のポイントであり、(2)の発動回数を2度にする融合召喚も狙いやすい。
    一方で、《龍の鏡》《オッドアイズ・フュージョン》には対応していないので、基本的に融合召喚の手段は《真紅眼融合》一択となる。
    《ティマイオスの眼》があればメインデッキの構築を変えなくても採用できる【ブラック・マジシャン】に対し、こちらは《ブラック・マジシャン》を入れる必要がある。
    とはいえ、《ブラック・マジシャン》《真紅眼の鎧旋》《闇の誘惑》等に対応し、レベル7なのでエクシーズ素材としても使いやすく、投入しても比較的腐りにくい。
    そのため、このカードを出すためだけに《ブラック・マジシャン》を投入する価値は大いにあると言えるだろう。

  4. 《ブラック・マジシャン》《真紅眼の黒竜》を採用しない【正規融合】
    融合素材代用モンスタードラゴン族効果モンスターがあれば融合召喚できる。
    この場合、(2)の効果は使用できないが、(1)の耐性と(3)のパーミッション効果だけでも制圧に使えるため、採用するのもよいだろう。
    《ドロドロゴン》融合素材代用モンスター融合召喚効果内蔵しているため、【シンクロ召喚】でも使用できる。
    【ドラグニティ】ドラゴン族も多く、レベル6のシンクロ召喚に長けているので出しやすい。
    融合召喚以外の手段でも出せるので、《融合呪印生物−闇》ドラゴン族効果モンスターフィールドに並べて起動効果で出すのも手。
    《亡龍の戦慄−デストルドー》《クイック・リボルブ》リクルート可能なヴァレットなどは展開しやすく、並べるのも難しくない。
    《星杯の神子イヴ》を展開ルートに組み込めば展開過程で墓地に送られた場合の効果《星杯の守護竜》リクルートでき、融合素材《ドロドロゴン》を並べられる。

  5. 全く無関係なデッキへの出張
    極めて高い性能に加え、リンク素材縛りが極めて緩い《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》デッキから《真紅眼融合》コピー融合召喚できるため、幅広いデッキで気軽に採用できる。
    融合素材2種は手札に来ると事故要員となってしまうが、それを許容して余りある性能。
    【召喚獣】【サンダー・ドラゴン】等の元々融合召喚を行うデッキでは、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》を採用しやすいので特に相性が良い。

 (1)は効果の対象にならない耐性効果による破壊耐性
 大概の除去弱体化は回避でき、弱点である戦闘破壊についても元々のステータスの高さと(3)で補いやすい。
 この効果によって(3)の効果を「使わせる」カードを大幅に減らすことができ、たとえ(2)(3)の効果《神の通告》を使われてもこのカード破壊されない
 ただ、自分効果の対象にもできないため、サポートカードも使えない。
 《真紅眼融合》《真紅眼の黒竜》扱いにした場合の《黒炎弾》も使用不可能。
 効果破壊耐性は、自分効果でも破壊されないので《永遠の魂》デメリットから守ることができる。

 (2)は相手モンスター除去とその元々の攻撃力分のバーン
 対象をとらない効果であり、その後のバーンによりボード・アドバンテージと同時にライフ・アドバンテージも得られる。
 通常モンスター2体を融合素材にすれば1ターンで2体の破壊も可能なので大幅なアドバンテージとなる。
 セットされたモンスターにも効く上に攻撃制限もかからないので、このカードに対する時間稼ぎはほとんど意味をなさない。
 発動できる回数が融合素材によって決まるため、融合召喚以外の方法で特殊召喚されている場合は発動できない。

 (3)は効果の発動無効及び破壊した上で自己強化を行う効果
 手札コストが必要なものの魔法モンスター効果全てに対応できる。
 自己強化も1000と大きく永続な上昇であるため、この効果を使われた分だけ戦闘で突破することが困難になる。
 また効果の発動をするプレイヤー自分相手を問わないため、自己強化狙いで自分カードカウンターしてもいい。
 同名カードの回数制限もないため、《デビル・フランケン》などを用いて複数体並べればより突破することが困難になる。
 ただし、墓地除外ゾーンで発動する効果に対して使用した場合、無効にはできるが破壊できないため自己強化が行われない点には注意。

 総じて、高いステータス自己強化による戦闘への強さ・固い耐性・幅広いカウンター性能により場持ちが良い。
 加えて、ボード・アドバンテージライフ・アドバンテージを得られる除去により、居座るだけで戦況をこちら有利に運んでくれる。
 先攻ターン目に立たせておくだけでもプレッシャーとなり、後攻ターン目ならば除去からの攻撃で有用な切り返し札となる。
 また、(2)にも(3)にも同名カードに対する1ターンに1度の制限は存在しないため、複数体並べればそれだけ高い制圧力と除去能力を持つことになる。

 特殊召喚に関する制限もないので、(2)の効果こそ使えないが一度蘇生制限を満たせば《神聖魔皇后セレーネ》《黒牙の魔術師》で何度も蘇生することが可能。
 【ブラック・マジシャン】では《黒魔術のヴェール》《黒魔族復活の棺》等の闇属性魔法使い族サポートカードによる蘇生も狙いやすい。
 【真紅眼の黒竜】においてはドラゴン族サポートを受けられないものの、レッドアイズサポートは受けられるため《レッドアイズ・スピリッツ》《真紅眼の鎧旋》蘇生できる。

 かなりの制圧力を誇るものの、決して万能ではない。
 比較的デッキを選ばずに採用できる対策カードでは、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》が有効。
 (3)の効果を封じながら攻撃力5000になるため、(3)の使用回数が2回までなら戦闘破壊できる。
 発動を伴わない召喚ルール効果による特殊召喚召喚エクシーズ素材を揃えれば妨害もされない。
 その他では、チェーンを許さない《超融合》《冥王結界波》壊獣による除去《ナイト・ドラゴリッチ》《地球巨人 ガイア・プレート》などの永続効果による戦闘破壊などが考えられる。
 また(3)の効果を使わせるか無効にすることができれば、《闇の護封剣》《皆既日蝕の書》などの対象をとらず破壊でもない効果は効くようになる。

 ただ、逆に言えばこれらのカードでしかこのカードを突破できないため、マストカウンターが明確である。
 特に上記「1.」のパターンの場合、融合召喚のために使う枠はさほど必要なく、残りはこのカードと守る事に特化している事が多いため、その布陣を打破する事は容易ではない。
 《王宮の勅命》を使っておけば、比較的手軽な対抗手段である《超融合》《冥王結界波》をも封じる強固な布陣を築きやすい。
 《虚無空間》や、《儀式魔人リリーサー》を使って儀式召喚したモンスターを並べたならば壊獣ですら対処不可能となる。
 ここまでくると、後はこのカードを突破する足掛かりになる永続効果を持つモンスター召喚するか、他にもモンスターが展開されていること前提の《ラーの翼神竜−球体形》などしか対抗手段がなくなる。
 また、(2)のバーンや(3)の攻撃力上昇によって決定力も非常に高く、同名カードに対する1ターンに1度の制限もないため、対処可能になるまで粘るのも難しい。
 総合的に見て、特化してデッキを組んだ場合非常に対処の難しいモンスターとなっている。

 故に、最も有効な対抗策はこのモンスターそのものを相手に出させない事である。
 中でも《浮幽さくら》エクストラデッキ内のこのカードを全て除外できるため、特化構築では勝敗に直結しかねない程のメタカードとなる。
 もっとも、《浮幽さくら》相手モンスターの数が自分より多い状態でしか使えないため、相手モンスター0体の状態から《真紅眼融合》を使われた場合は防げないという穴もある。
 《次元障壁》も有効であり、《真紅眼融合》《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》効果チェーン発動する事で、ライフ手札を消費させた上で融合召喚を封じられる。
 それらの効果無効にしているわけではないため特殊召喚の制約は解除されない点もポイント。
 後から引いた場合でもこのカードの(3)にチェーン発動する事でモンスター効果無効化できるため、除去で突破できる。
 当然だが、その際に(3)の効果を誘えるだけの効果を他にもう1つこちらが用意できなければ話にならない。
 上記の通り、手札誘発だけに限ってもこのカードを出す方法によって有効なメタが異なるという点も、このカードへの対応を難しくさせている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:通常モンスター《ブラック・マジシャン》効果モンスター《白き霊龍》あるいはドラゴン族デュアルモンスター融合素材に《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を融合召喚しました。
  《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》の(2)の効果は1ターンに何回発動できますか?
A:《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》の(2)の効果の発動できる回数は、融合素材とした《ブラック・マジシャン》分の1回となります。(19/12/21)


Tag: 《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 魔法使い族 攻3000 守2500 レッドアイズ

広告