超量機神剣(ちょうりょうきしんけん)−マグナスレイヤー/Super Quantal Mech Sword - Magnaslayer》

通常罠
(1):自分フィールドの「超量」Xモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(2):このカードを装備したモンスターは、
攻撃力がそのモンスターのランクの数×100アップし、
守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):自分バトルフェイズに、装備されているこのカードを墓地へ送って発動できる。
このカードを装備していたモンスターはこのターン、1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる。

 ブースターSP−ウィング・レイダーズ−で登場した通常罠
 超量エクシーズモンスター専用の装備カードとなり、攻撃力強化貫通の両方を付与する効果、自身をコストとして装備モンスター3回攻撃を付与する効果を持つ。

 超量エクシーズモンスター専用の装備罠カードで、対象が少ない代わり非常に攻撃的な効果を備えている。
 特に直接攻撃にも適用可能な3回攻撃があるため、例えランク5の《超量機獣マグナライガー》でも、強化された1回目の攻撃を含む3回攻撃の合計が8300となり1ターンキルに達する。
 より攻撃力ランクの高い《超量機神王グレート・マグナス》ならば合計12000となり、多少モンスターが残っていても余裕でライフポイントを削り切れるだろう。
 このカード《超量士レッドレイヤー》《超量士ブルーレイヤー》で簡単に手札加えることができるので、【超量】でなくとも関連カードが多く入っていれば上記の1ターンキルが行える。
 装備罠カードなので後攻1キルが狙えず《サイクロン》で妨害される等の欠点もあるが、リターンの大きいカードと言えるだろう。

  • イラストで剣を構えている「マグナス」と、超量士の名前についている「レイヤー」、そして剣の名前としてメジャーな「スレイヤー」の、3つの言葉が掛け合わされている。
    超量のモチーフからすると、「スーパー戦隊シリーズ」の合体ロボの武器がモチーフだろう。
  • 「スレイヤー(Slayer)」は「殺す」を意味する動詞Slayの名詞形で、「殺す者」という意味。
    竜殺しの剣(ドラゴン・スレイヤー)のように剣の名前に使われるのは、「○○を殺せるような剣」という意味である。
    つまりこの剣の名前は「マグナを殺す剣」という意味になってしまうが、それでは意味が通らないので《カース・オブ・ドラゴン》などのような語感を優先した命名だと思われる。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照。

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《超量機神剣−マグナスレイヤー》 通常罠 超量

広告