超弩級砲塔列車(ちょうどきゅうほうとうれっしゃ)ジャガーノート・リーベ/Superdreadnought Rail Cannon Juggernaut Liebe》

エクシーズ・効果モンスター
ランク11/地属性/機械族/攻4000/守4000
レベル11モンスター×3
「超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ」は1ターンに1度、
自分フィールドのランク10の機械族Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力・守備力は2000アップする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はこのカードでしか攻撃宣言できない。
(2):このカードは1度のバトルフェイズ中にこのカードのX素材の数+1回までモンスターに攻撃できる。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編4−で登場した地属性機械族エクシーズモンスター
 ランク10の機械族エクシーズモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚できる効果外テキスト、自身の攻撃力守備力強化する起動効果モンスターに複数回攻撃できる永続効果を持つ。

 ランク11のエクシーズ召喚はかなり難しく、基本的にランク10の機械族に重ねてエクシーズ召喚を狙うことになる。
 ランク10の機械族はかなり少ないが、2体素材のものはいずれも汎用性の高い効果を持ち、【列車】の中心カードでもある。
 《超巨大空中宮殿ガンガリディア》ならば攻撃宣言できないデメリットを踏み倒すこともできる。

 (1)は永続的な2000の自己強化であり、1回使うだけでも攻撃力守備力6000と超大型モンスターとなる。
 相手フィールド攻撃表示が2体いれば、(2)の効果と合わせて1ターンキル級の多大な戦闘ダメージも狙える。
 直接攻撃可能な状況では、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》の2000バーンからこのカードに繋げる事でジャスト8000の1ターンキルとなる。
 このモンスターを重ねることができる《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》の弱点であった《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》すら一方的に戦闘破壊できる。
 また効果は永続であるため、次のターンまで生き残った場合は更に強化を重ねることも可能。

 (2)はモンスターへの連続攻撃を行える効果
 エクシーズ素材が1つしかなくとも2回の攻撃が可能であり、(1)の効果を始めとした強化と併用する事で莫大なダメージを狙える。
 (1)を使用するとデメリットにより他のモンスター攻撃できないため、この効果相手モンスターの一掃を狙うのも良い。
 モンスターにしか連続攻撃できず直接攻撃は行えないが、守備表示が存在しないリンクモンスター相手フィールドにいる可能性は高く、1ターンキルも狙いやすい。

 総じて極めて攻撃的な能力を持つ反面、耐性は一切無く、戦闘してこそ真価を発揮する効果であるため伏せカードに対しては最大限の警戒が必要となる。
 除去はもちろん、《魔法の筒》なども致命傷になりかねない。
 前述の《超巨大空中宮殿ガンガリディア》であれば伏せカード除去した上で重ねられるため、積極的に併用したい。
 相手伏せカードが多い場合は、強固な耐性を持つ《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》と使い分けていくのがいいだろう。
 また、【列車】キーカードたる《転回操車》の(1)のデメリットと噛み合いが悪い点は使用の際に気を付けたい。

  • ジャガーノート(ジャガナートとも)とは、巨大な力・圧倒的破壊力という意味を持つ英語。
    ヴィシュヌの化身の1人、クリシュナの異名である「ジャガンナート」に由来する。
  • ドイツ軍の80cm列車砲は「グスタフ」「ドーラ」の2両しか完成しなかったためか、このカードには歴史上の列車砲の名前にはない「リーベ」という名がつけられている。
    リーベ(Liebe)はドイツ語で「恋愛、恋人」等を意味し、戦前戦後の旧制高校・大学の学生たちの間では、「恋人」の意味で広く使われていた。
    アニメZEXALの「超弩級砲塔列車」使いアンナは、作中で片思いする相手がいる、速攻魔法《献身的な愛》を使用する等、恋愛に関する描写が多く描かれていたため、そこから取ったのであろう。

関連カード

―《超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ》の姿が見られるカード

このカードを重ねられるランク10の機械族エクシーズモンスター

収録パック等


Tag: 《超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク11 地属性 機械族 攻4000 守4000

広告