通販売員(ツーマン・セールスマン)/Two-for-One Team》

効果モンスター
星2/光属性/戦士族/攻1200/守1200
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれ手札1枚を相手に見せる。
見せたカードが同じ種類だった場合、その種類によって以下の効果を適用する。
●モンスター:お互いのプレイヤーは、それぞれ見せたモンスターを特殊召喚できる。
●魔法:お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから2枚ドローする。
●罠:お互いのプレイヤーは、それぞれデッキからカード2枚を選んで墓地へ送る。

 SOUL FUSIONで登場した光属性戦士族下級モンスター
 手札を1枚確認しあい、同じカードの種類の場合に追加効果適用する起動効果を持つ。

 手札確認し、見せたカードが同じである必要がある。
 成功率を高めるために前もってピーピングハンデスを利用して相手の選択肢を減らしておくようにしたい。
 ただし、相手手札が0枚だと発動できなくなる。

 モンスターカードを見せた場合は特殊召喚が行える。
 最上級モンスター特殊召喚に成功した時に効果発動するモンスターを選択することでアドバンテージを稼ぎたい。
 自身のステータスは維持できるほど高くないため、特殊召喚したモンスターと各種素材に使うのもいいだろう。

 魔法カードを見せた場合は2枚のドロー
 単純に目に見えてアドバンテージが増える効果であり、狙えるのであれば積極的に狙っていきたい。

 罠カードを見せた場合は2枚の墓地肥やし
 墓地へ送るカードに制限はなく、デッキ圧縮も兼ねられる。
 墓地始動から1ターンキルを狙えるデッキもあるため、場合によってはこちらを優先することも考えられる。

 ただし、これらは相手にも適用されてしまう。
 モンスターカードならばメタカードを出される、魔法カードだと手札誘発を引かれる、罠カードならば《超電磁タートル》等を送られるなど、自分に有利になるとは限らない。
 そもそも適用されるかどうかもある程度運に偏る点もあるため、安定性に欠けるこのカードに依存するのは難しい。
 一応何も準備せずに発動しても、相手手札1枚のピーピングにはなるが、それだけではどうにもならない。
 ウイルスを活用するデッキとは相性が良く、相手手札を全てピーピングした上でカードの種類をある程度絞り込める。
 魔法カードを見せあった際のドロー破壊できる可能性があるため、一方的なアドバンテージになりうる。

  • 英語名は半額セールを意味する「two-for-one sale」と「Team」をかけた造語となっている。

関連カード

イラスト関係

収録パック等


Tag: 《通販売員》 効果モンスター モンスター 星2 光属性 戦士族 攻1200 守1200

広告