帝王(ていおう)開岩(かいがん)/Return of the Monarchs》

永続魔法
「帝王の開岩」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法・罠ゾーンに存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(2):自分が表側表示でモンスターのアドバンス召喚に成功した時、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●そのモンスターとカード名が異なる
攻撃力2400/守備力1000のモンスター1体をデッキから手札に加える。
●そのモンスターとカード名が異なる
攻撃力2800/守備力1000のモンスター1体をデッキから手札に加える。

 SHADOW SPECTERSで登場した永続魔法
 アドバンス召喚に成功した場合にデッキから所定のモンスターサーチする効果を持つ。

 (1)のデメリット効果によりエクストラデッキからの特殊召喚が封じられるため、アドバンス召喚を多用するデッキで使うことになる。
 以外のサーチ対象の大半はアドバンス召喚とのコンセプトが合わなかったり、ほどのアドバンテージを稼げるカードが少ないので、基本的にはサーチがメインとなる。
 一応、《イリュージョン・スナッチ》や一部のクリフォートサーチできるが、それらはエクストラデッキも併用する構築で活きるため微妙に相性が悪い。

 (2)の効果を活用すればガジェットさながらの戦線供給が可能だが、問題となるのはリリース要員の確保。
 《黄泉ガエル》とも共存できず、こちらの狙いも筒抜けになるため、手札誘発も安定性を落とす。
 ある程度上級モンスターを採用していなければならないため、手札事故の危険と常に隣り合わせとなる。

 デメリットの事も考えると【帝王】のような特化した構築となるだろう。
 《帝王の深怨》はこのカードサーチでき、あちらの発動条件がこちらのサーチ先と合致する。
 他にも、《帝王の烈旋》家臣デメリットを共有しつつ、リリース要員を確保可能。
 また、《連撃の帝王》《天帝アイテール》《ダーク・アドバンス》と併用すれば、相手ターンでもサーチする事ができる。
 ある程度盤面が揃った後は、《氷帝メビウス》《光帝クライス》破壊してしまう事も視野に入れたい。

関連カード

イラスト関連

手札に加えられる攻撃力2400・守備力1000のモンスター

手札に加えられる攻撃力2800・守備力1000のモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:アドバンス召喚する際にセットした場合、このカード効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/08/01)

Q:手札に加える効果解決時アドバンス召喚したモンスターフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、手札に加える効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/06/14)

Q:このカード適用中、《邪帝ガイウス》アドバンス召喚しました。
  《邪帝ガイウス》効果発動した後、自分のこのカード効果相手《天罰》発動ではどちらが先に発動しますか?
A:このカード発動しようとする場合、《邪帝ガイウス》効果チェーンして発動し、《天罰》発動することはできません。(13/08/05)

Q:このカード適用中、《氷帝メビウス》アドバンス召喚しました。
  このカードとの効果の発動《氷帝メビウス》任意発動誘発効果の順番は変えることができますか?
A:任意の順番で発動することができます。(13/08/05)

Q:《帝王の開岩》と《エンペラー・オーダー》適用中、《邪帝ガイウス》アドバンス召喚しました。
  《邪帝ガイウス》誘発効果発動後、これらの効果の発動の順番は変えられますか?
A:先に《帝王の開岩》の発動をするかどうかを決めるのが先となります。
  発動した場合《エンペラー・オーダー》発動はできず、《帝王の開岩》を発動しないのであれば《エンペラー・オーダー》発動できますが、この後でチェーンして《帝王の開岩》を発動することができません。(13/08/05)


Tag: 《帝王の開岩》 魔法 永続魔法 帝王

広告