帝王(ていおう)轟毅(ごうき)/Strike of the Monarchs》

速攻魔法
(1):自分フィールドのレベル5以上の通常召喚された表側表示モンスター1体をリリースし、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
属性を1つ宣言して発動できる。
フィールドの全ての表側表示モンスターは、
ターン終了時まで宣言した属性になる。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した速攻魔法
 レベル5以上のモンスター1体をリリースしてカード1枚の効果無効化ドローを行う効果墓地の自身を除外してフィールドモンスター属性を変更する効果を持つ。

 (1)の効果レベル5以上の通常召喚されたモンスターを使って効果無効にするもので、ドロー効果もある。
 普通に使うだけではディスアドバンテージとなるため、なるべくサクリファイス・エスケープディスアドバンテージを軽減したい。
 無効化の範囲は広く、通常魔法通常罠カウンター罠のように無効化でき、ディスアドバンテージを無くせる。
 また、アドバンス召喚している必要はないため、妥協召喚したモンスターレベルを上げた下級モンスター等もリリースできる。

 (2)の効果A・O・J等の属性メタの活用や、《轟雷帝ザボルグ》を始めとした最上級効果サポート等が可能。
 《DNA移植手術》等と比べるとこちらは無効化されにくく、ディスアドバンテージを無くせるのが魅力。
 属性を必要に応じて変えたい、【霊使い】【M・HERO】【ジェネクス】では特に重宝するだろう。

 ただし(2)の効果のみを目的に上記のデッキに採用した場合、如何にしてこのカード墓地へ送るかが問題になる。
 セットして相手伏せ除去に期待するという方法もあるが確実ではなく、《サイクロン》等で自分破壊するのは無駄が多い。
 最も効果的なのは、《おろかな副葬》デッキから直接墓地へ送る方法だが、他の選択肢も欲しい所。
 しかし、それ以外で無理な構成にするとデッキコンセプトから外れていき事故率が高くなってしまうので、《神獣王バルバロス》のような使い勝手の良い妥協召喚できるものか、《召魔装着》《A・O・J サイクロン・クリエイター》《マスク・チェンジ・セカンド》といった、カテゴリでも比較的汎用性の高いものを採用したい。

  • 「轟毅」は《轟雷帝ザボルグ》の「轟」と「剛毅」を合わせた造語であると思われる。
    「剛毅」とは「意志が堅くて強く、くじけないこと」を指す。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果解決時対象に選択したモンスター裏側表示になった場合、ドローする効果適用されますか?
A:いいえ、対象に選択したモンスター効果無効にする処理ができず、ドローする効果適用されません。(14/07/31)

Q:モンスター効果魔法罠カード発動チェーンして(2)の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/07/19)

Q:(2)の効果適用した後に出したモンスターも影響を受けますか?
A:いいえ、影響を受けません。(14/08/03)


Tag: 《帝王の轟毅》 魔法 速攻魔法 帝王

広告