鉄巨人(てつきょじん)アイアンハンマー/Ironhammer the Giant》

効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻 900/守3500
自分フィールド上に「異次元エスパー・スター・ロビン」「野獣戦士ピューマン」
「鳳王獣ガイルーダ」が存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り、表示形式を変更できない。
また、1ターンに1度、自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスターは相手プレイヤーに直接攻撃できる。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した地属性岩石族最上級モンスター
 特定のモンスター3体が揃っていれば自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果、自身の表示形式の変更を禁じる永続効果モンスター1体に直接攻撃能力を付与する起動効果を持つ。

 自身を特殊召喚する効果に関しては上級モンスターを含む指定されたモンスターが3体必要なので、狙うのは難しい。
 《トレード・イン》《岩投げアタック》等、墓地へ送る手段は豊富なので、そこからの蘇生につなげたい。

 しかし表示形式の変更ができないため、蘇生するのなら守備表示蘇生させる《戦線復帰》《竜魂の幻泉》を使用したい。
 《リビングデッドの呼び声》蘇生すると、自身の効果として機能しなくなる。
 《巨大ネズミ》リクルートした場合も同様ににならず、守備表示リクルートできる《カオスエンドマスター》からのリクルートにしたい。
 カードの効果による表示形式の変更なら可能なので、《重力解除》等で守備表示にすると良い。

 直接攻撃能力を付与する効果は、自身に付与することもできるので、単体でも並のダイレクトアタッカー程度のダメージを与えられる。
 しかし直接攻撃自体はカード・アドバンテージを得られないため、ライフを0にできない場合、フィールドに残したモンスターを反撃の起点とされる恐れがある。
 展開に2枚以上を消費しては割に合わず、《流星の弓−シール》等を用いる方が手っ取り早いだろう。
 サポートカードを共有できる岩石族レベル8の高攻撃力モンスターとの併用は必須に近い。

 元々の守備力が非常に高いため、《反転世界》《EMヒックリカエル》等で攻撃力に変換すれば、単体でも直接攻撃能力を持つ攻撃力3500のモンスターと化す。
 前述の攻撃表示特殊召喚するカードを用いても表示形式変更不可のデメリットを打ち消す事が可能になる。

 【岩石族】で使用する場合、《メガロック・ドラゴン》特殊召喚のために除外したこのカードを《化石岩の解放》帰還《メガロック・ドラゴン》直接攻撃能力を付加できれば理想的である。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではエスパー・ロビンが使用する。
    スピードデュエルではゲームの仕様上、自身を特殊召喚する効果が使えないが、《ヒーロー見参》ですぐに特殊召喚してくる。
    アクションデュエルでは14弾からロビンが使用。
    つきのしょなどでターンをスキップされると、頭をかいて困りはてるという、ちょっと可愛らしい一面を見せる。

関連カード

―《鉄巨人アイアンハンマー》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《鉄巨人アイアンハンマー》 効果モンスター モンスター 星8 地属性 岩石族 攻900 守3500

広告