天威龍(てんいりゅう)−アシュナ》

効果モンスター
星7/光属性/幻竜族/攻1600/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「天威龍−アシュナ」以外の「天威」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は幻竜族モンスターしか特殊召喚できない。

 CHAOS IMPACTで登場する光属性幻竜族最上級モンスター
 天威共通の特殊召喚効果効果モンスター以外のモンスターが存在する場合に手札墓地から除外する事で同名カード以外の天威リクルートする効果を持つ。

 天威共通の使い方については《天威龍−アーダラ》【天威】を参照。
 このカード《天威龍−ヴィシュダ》と同じく最上級モンスターなので召喚ではなく特殊召喚フィールドに出したい。

 固有効果同名カード以外の天威リクルート
 発動後は幻竜族しか特殊召喚できないので、純構築でない限りはなるべく展開の後半で発動したい。
 《天威龍−アーダラ》とは相性が良く、あちらをリクルートした後にリンク素材等にして墓地へ送り(2)を発動すれば、除外されたこのカードを回収できる。
 これにより次のターンに再び同じ動きを取る事が可能。

 純構築であれば、(1)の効果特殊召喚して《天威の拳僧》リンク召喚し、(2)の効果天威リクルートできる。
 そこから《天威の龍仙女》リンク召喚に繋ぐ事も可能。

 手札に他の天威がある場合、このカード特殊召喚して《天威の拳僧》リンク召喚、その天威特殊召喚してからこのカードの(2)の効果を使えばレベルを持つ天威が2体並ぶ。
 《天威龍−アーダラ》《天威龍−ヴィシュダ》の組み合わせなら《天威の龍鬼神》シンクロ召喚ができ、《天威龍−アーダラ》レベル天威でも《源竜星−ボウテンコウ》シンクロ召喚可能。

  • 名前の由来はヒンドゥー・ヨーガの第6チャクラ「アージュニャー」と思われる。
    「命令・指揮」を表す言葉で、眉間の辺りに位置しており、直観力や洞察力に関するとされる。
    創作物でよく見られる「第3の目」のモデルにもなっており、「サードアイ・チャクラ」と呼ばれることもしばしばある。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《天威龍−アシュナ》 効果モンスター モンスター 星7 光属性 幻竜族 攻1600 守2600 天威

広告