天威龍(てんいりゅう)−サハスラーラ》

リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/幻竜族/攻3000
【リンクマーカー:上/右上/下/右下】
幻竜族モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
相手はフィールドの効果モンスターを攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。
(2):相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドに「天威龍トークン」(幻竜族・光・星4・攻?/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力は、対象のモンスターの元々の攻撃力と同じになる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 LINK VRAINS PACK 3で登場した光属性幻竜族リンクモンスター
 効果モンスター以外のモンスターが存在する場合に効果モンスター攻撃対象効果の対象にできなくする永続効果相手効果モンスターと同じ攻撃力を持つ天威龍トークンを生成する誘発即時効果を持つ。

 幻竜族縛りリンク4体だが、縛りの緩いリンク3の《天威の龍拳聖》を経由できるため、特殊召喚し易い幻竜族を何体か入れておけば出すのは難しくない。
 《タツノオトシオヤ》タツノコトークン3体でも揃えられる。
 あちらは《邪竜星−ガイザー》自壊させればリクルート可能なので、実質レベル7のシンクロ召喚ができるデッキならば出すのは難しくない。

 (1)は効果モンスターへの攻撃対象耐性の付与。
 条件は効果モンスター以外のモンスターとなるのでステータスの高い《青眼の究極竜》《天威の鬼神》を用意しておきたい。
 相手フィールドステータスの高いモンスターがいれば(2)の効果で用意することもできる。
 さらに《天威無崩の地》によって耐性を得ておけばより強固な守りとなる。
 相手相手効果モンスター対象に取ることもできなくなるのでコンボの始動となる効果も潰せる。

 (2)は相手効果モンスターと同じ攻撃力を持つ天威龍トークン特殊召喚する効果
 ステータス相手に依存するものの、ノーコストで生み出せるので戦闘破壊で一方的なアドバンテージを得られる。
 元々の攻撃力コピーするので強化弱体化と相性がよく、《天威龍−ナハタ》《冥宮の番人》と組み合わせることで相手モンスターを効率よく戦闘破壊できる。

  • 名前の由来はヒンドゥー・ヨーガの第7チャクラ「サハスラーラ」と思われる。
    頭頂部に位置し、第1から第6までのチャクラが活性化し開くことで始めて開くとされ、6つのチャクラの上の領域にある存在のチャクラである。
    このモンスターも元ネタを同じくする他の「天威龍」モンスターとは異なり、リンクモンスターとなっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《天威龍−サハスラーラ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 光属性 幻竜族 攻3000 天威

広告