天火(てんぴ)牢獄(ろうごく)

フィールド魔法
(1):フィールドのドラゴン族モンスターの守備力は300アップする。
(2):お互いに、フィールドのリンクモンスターより
リンクマーカーの数が少ないリンクモンスターをリンク召喚できず、
リンクモンスター以外のモンスターは攻撃できない。
(3):フィールドにサイバース族リンクモンスターが2体以上存在する場合、以下の効果を適用する。
●サイバース族モンスターが発動した効果は無効化される。
●フィールドのサイバース族モンスターは攻撃できず、攻撃対象にならず、効果の対象にもならない。

 EXTREME FORCEで登場するフィールド魔法
 ドラゴン族強化する効果リンク召喚の制限とリンクモンスター以外の攻撃を封じる効果、特定条件下でフィールドサイバース族を無力化する効果を持つ。

 (1)でドラゴン族強化できるが、数値は少なく守備力だけしか強化できないのでオマケに近い。
 ただ、後述の(2)とも相性の良い《弾帯城壁龍》と合わせれば戦闘にもある程度強くなる。

 (2)はフィールドリンクモンスターリンクマーカーより少ないリンク召喚リンクモンスター以外の攻撃を封じる効果
 現状、使用可能なリンクモンスターリンク4までなのでこちらが先にリンク4を出せば相手の行動に大きな制限をかけられる。
 攻撃制限により相手リンク4を狙いたいところだが、リンク1〜3が行えないため真っ当にモンスター4体を揃える必要がある。
 中でも耐性と打点を備える《ヴァレルロード・ドラゴン》除去もされにくい。
 リンクモンスター以外では似た効果を備える《弾帯城壁龍》と併用してより確実にロックしても良いだろう。

 (3)はサイバース族リンクモンスターが2体以上存在する場合に適用されるサイバース族メタ効果
 どちらのフィールドサイバース族リンクモンスターが存在していても適用され、殆どの行動を封じられるので、サイバース族との併用は難しい。
 サイバース族リンクモンスターが1体だけなら適用されないため、自分フィールドのみに存在する場合は適当なリンク素材にして数を減らせば突破はできる。
 相手フィールドにもサイバース族リンクモンスターが存在する場合は対応が難しくなり、リンクモンスターを出せば(3)の、リンクモンスターを出さなければ(2)のロックに引っかかる羽目になる。
 エクストラデッキサイバース族以外で高リンクリンクモンスターを採用しておき、そちらで対処するのが無難な解決策といったところか。
 もっとも、その場合相手サイバース族ロックに掛かっている状況なので、こちらがロックを解除すると相手も動ける様になってしまう。

 なお3つの効果は全てお互いに関わる効果なので逆利用されないように注意したい。
 折角出した《ヴァレルロード・ドラゴン》コントロール奪取でもされようものなら一転して邪魔なカードになりかねない。

  • アニメ版のテキストは以下の通り。
    フィールド魔法
    (1):このカードはこのカード以外の効果では破壊されない。
    (2):自分フィールドのドラゴン族モンスターの守備力は300アップする。
    (3):お互いのプレイヤーは、お互いのフィールドのリンクモンスターの中で
    リンクマーカーの数が一番多いモンスターよりもリンクマーカーの数が少ないモンスターのリンク召喚ができず、
    リンクモンスター以外のモンスターで攻撃宣言できない。
    (4):フィールドにサイバース族リンクモンスターが2体以上存在する場合にこの効果を発動できる。
    このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
    お互いの手札・フィールド・墓地のサイバース族モンスターは攻撃できず、
    攻撃対象及び効果の対象にならず、その効果は無効になる。
    この時、自身のフィールドのモンスターがサイバース族モンスターのみのプレイヤーへの攻撃は直接攻撃になる。
    (5):このカードの(4)の効果の適用時にフィールドに存在したサイバース族モンスターが、
    全てフィールドから離れた場合に発動する。このカードを破壊する。
    OCGでは効果破壊耐性は無くなっているものの自壊デメリットも無くなっている。
    なお、アニメでのレアリティウルトラレアだった。
  • OCG効果はアニメ版と大筋は同じだが削除された点や異なる点も多くテキストも簡略化されている。
    アニメVRAINS初期に登場したカードOCGと完全にあるいはほぼ同じ効果なのだが、この辺りから効果に違いが出るケースが多くなってきた。
    因みにアニメ版のテキスト量は422文字とOCG最長の《涅槃の超魔導剣士》を超えているので、変更が大きいのはその辺りも関係しているのかもしれない。
  • 作中の使用者のリボルバー曰くAiは「イグニス=意思を持つAI(人工知能)」であり、リボルバーはAiおよびそれに関係するサイバース族を憎悪している。
    またイグニスはラテン語で「篝火・炎」を意味することからか、イグニスを「が人類に与えた火」と例えており、カード名の「天火」はこれが由来と思われる。
  • アニメVRAINSに移行してからはフィールド魔法による舞台演出が原則的に出現しなくなったが、このカードは例外で名の通りの牢獄が現れている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《天火の牢獄》 魔法 フィールド魔法

広告