天空聖騎士(エンジェルパラディン)アークパーシアス》

効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻2800/守2300
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分がカウンター罠カードを発動した場合、
または自分がモンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にした場合、
自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外の天使族モンスター2体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
デッキから「パーシアス」カードまたはカウンター罠カード1枚を手札に加える。

 ストラクチャーデッキR−神光の波動−で登場した光属性天使族最上級モンスター
 自分カウンター罠発動またはカードの発動無効を行った際にそれをトリガーとして自身を特殊召喚できる誘発効果貫通ダメージを与える永続効果戦闘ダメージを与えた時にパーシアスカウンター罠1枚をサーチできる誘発効果を持つ。

 (1)は自分カウンター罠発動、または自分カードの発動無効にした場合に自身を特殊召喚できる効果
 なお、自分カードの発動自分無効してもよく、無効にする手段はカウンター罠でなくてもよい。
 他のカウンター罠発動、またはカードの発動無効トリガーとした特殊召喚を行うカードと違い手札だけでなく墓地からも特殊召喚できる。

 ただ、天使族モンスター2体の除外が必要となるため、そのコストをどのように用意するかが問題となる。
 比較的楽なのは代行者を使う構築で、《創造の代行者 ヴィーナス》から《神聖なる球体》を3体特殊召喚し、リンク素材などにして墓地へおけば展開を損なわず、少ない消費で2回の特殊召喚を狙える。
 《神秘の代行者 アース》サーチしつつ天使族シンクロ召喚すればさらに増え、《ゼラの天使》ならコスト除外されても帰還できるため相性はよい。
 《人造天使》人造天使トークンチェーンブロックを組まずに特殊召喚されるため相性がよい。
 各種宣告者も相性がよく、このカードと一緒に墓地へ送り、それらを除外して特殊召喚できる。
 宣告者儀式モンスターなら儀式召喚時に《高等儀式術》天使族通常モンスター墓地に送ることでコストを捻出できるが、手札コストを確保するための《闇の量産工場》とは相性が悪い。
 《神の居城−ヴァルハラ》サーチして墓地における《ヘカテリス》《天空の聖域》サーチして墓地における《天空の使者 ゼラディアス》なども狙いとなる。
 召喚制限は一切ないので、(1)の効果による手札からの特殊召喚は無理に狙わずに《神の居城−ヴァルハラ》特殊召喚するのもよいだろう。
 除外された天使族を回収できる《救済のレイヤード》なら、特殊召喚トリガーとしたカウンター罠天使族を回収できるため、無限コストになりうる。
 しかし回収タイミングの関係上、このカード除外して即回収というのはできない。

 (2)は貫通効果
 戦闘ダメージを与えるための補助として(3)の効果につなげるのが主となる。

 (3)は戦闘ダメージを与えた時にパーシアスカードまたはカウンター罠を1枚サーチできる効果
 パーシアスモンスターはこのカード自身より使い勝手が劣るものが多いため、同名カードパーシアス魔法・罠カードサーチする事になるだろう。
 《パーシアスの神域》《天空の聖域》扱いとなるので【天空の聖域】でも活用可能である。
 カウンター罠サーチするならば、メタとなるカード相手を選ばない《強烈なはたき落とし》ドローロック制限カード準制限カード等を状況に合わせてサーチをしていけばよいだろう。

 このカードサーチ手段は自身の(3)の効果《力天使ヴァルキリア》程度と乏しいため、《輪廻のパーシアス》で直接フィールドに出したり、《おろかな埋葬》《曙光の騎士》等で墓地に送り、(1)の効果墓地から特殊召喚するのもよいだろう。

関連カード

―類似効果

―《天空聖騎士アークパーシアス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:発動できません。(17/09/23)


Tag: 《天空聖騎士アークパーシアス》 モンスター 効果モンスター 星9 光属性 天使族 攻2800 守2300 パーシアス

広告