天昇星(てんしょうせい)テンマ》

効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻2100/守1000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
または自分フィールドに地属性モンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から戦士族・地属性・レベル5のモンスター1体を特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの戦士族モンスターを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その発動を無効にし破壊する。

 COLLECTORS PACK 2018で登場する光属性戦士族上級モンスター
 特定条件下でリリースなしで召喚できる効果召喚・特殊召喚に成功した場合に地属性戦士族レベルモンスター1体を手札から特殊召喚できる効果、自身の攻撃力を下げて戦士族効果の対象とする相手効果の発動無効にし破壊する効果を持つ。

 基本的な効果の使い方については《地翔星ハヤテ》と同様となるため、そちらを参照。
 (1)・(2)の効果については、それぞれ召喚する際の効果と追加特殊召喚の条件となるモンスター《地翔星ハヤテ》と異なる。
 こちらは条件が地属性モンスターであることから剛鬼U.A.等といったカテゴリに対応するため、それらのデッキにも投入できる。

 基本的には《地翔星ハヤテ》との併用が軸となる。
 しかしその場合、それぞれの(1)の効果の関係上、デッキ構築の段階で光属性もしくは地属性のどちらかを多めに採用した方が、互いの召喚条件を食い合うことなく都合が良い。
 レベル戦士族に限定すればこちらに対応する数のほうが多く、《サイバー・チュチュボン》《機甲忍者アース》《ターレット・ウォリアー》が自己特殊召喚効果を持っており、自身の召喚条件を満たすことも比較的容易。
 そのうち《ターレット・ウォリアー》は、フィールドのこのカード特殊召喚コストとすることで手札でダブついた同名カード召喚できる上、《天融星カイキ》自己再生トリガーとなる点で相性が良い。
 《地翔星ハヤテ》はこのカードと同属性《天融星カイキ》に対応しているので、どちらをデッキの核とするかはよく検討したい。

 《ブリリアント・フュージョン》《ジェムナイト・セラフィ》を出して地属性の条件を満たすのも手。
 ランク5につながり、召喚権を使っていてもあちらの効果で補える他、あちらの融合素材として《天融星カイキ》墓地へ送ることで自己再生可能になる。
 《ジェムナイト・ラズリー》融合素材として墓地へ送ることで地属性戦士族レベル5の通常モンスターサルベージでき、(2)の効果で展開することも可能となる。

 (3)は戦士族モンスター相手効果の対象になった場合に、自身の攻撃力を下げることでその効果無効にする効果
 対象をとる除去《エフェクト・ヴェーラー》などの対象をとる無効効果を牽制できる。
 効果発動すれば《天融星カイキ》自己再生条件を満たすことができるのは《地翔星ハヤテ》と同様。

  • カード名のモデルは『水滸伝』の百八星、特に天こう星三十六星だろう。
    百八星の中で上位の三十六星を指し、宿星名は「天○星」の形を取る。
    アニメARC-Vでこのカードを使用した勝鬨が「梁山泊」塾所属という点からもそれが窺える。
    詳細はモデルの同じ炎星のページを参照。
  • カード名の「テンマ」は「天馬(てんま)」のことだと思われる。
    天馬とは天帝(天上の最高神)を乗せて天を翔ける馬のこと。
    また、天馬は「ペガサス」の異名としても用いられている。
    足が速く、すぐれた馬のことを天馬と呼ぶこともある。
  • アニメARC-Vには、このカードと似たような立場の効果モンスター《天雷星センコウ》・《天風星アラシ》も登場している。

関連カード

特殊召喚可能な地属性戦士族レベルモンスター

収録パック等


Tag: 《天昇星テンマ》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 戦士族 攻2100 守1000

広告