天地開闢(てんちかいびゃく)/Beginning of Heaven and Earth》

通常罠
「天地開闢」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「カオス・ソルジャー」モンスターまたは
「暗黒騎士ガイア」モンスター1体以上を含む戦士族モンスター3体を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1体選ぶ。
それが「カオス・ソルジャー」モンスターまたは
「暗黒騎士ガイア」モンスターだった場合、
そのモンスターを自分の手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。
違った場合、相手に見せたカードを全て墓地へ送る。

 レイジング・テンペストで登場した通常罠
 カオス・ソルジャー暗黒騎士ガイアランダムサーチする効果を持つ。

 性質は《苦渋の選択》《聖騎士ボールス》に近い。
 カオス・ソルジャー暗黒騎士ガイア以外の戦士族も選択可能だが、そちらが選ばれても手札に入らず墓地へ送る
 カオス・ソルジャー暗黒騎士ガイアだけにすれば確実にサーチできるが、それならば《混沌の場》の方が即効性・確実性共に上である。
 従って、儀式モンスター以外のカオス・ソルジャーサーチ墓地を肥やす事に主眼を置いて使う事になる。

 ただ墓地肥やしを利用する場合、カオス・ソルジャー暗黒騎士ガイア手札に加えられるかは運による。
 手札墓地のどちらに行っても《超戦士の萌芽》で利用できる儀式モンスターカオス・ソルジャーを使って、安定した運用をするのも手である。

 《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》は、特殊召喚コストも同時に調達可能なので相性が良く、《開闢の騎士》《宵闇の騎士》墓地へ送れば大幅なハンド・アドバンテージを稼げる。

 自力でサルベージ可能な《混沌の使者》も上記の騎士2種類とコンボ可能な他、自己再生効果を持つ《不死武士》墓地効果を多数擁するD−HERO幻影騎士団など選択肢は豊富である。

 幸い、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《暗黒騎士ガイアロード》汎用性が高いため、【カオス・ソルジャー】以外の【戦士族】でも採用を検討できる。
 融合素材の捻出が悩ましい《E・HERO Core》墓地融合などもサポートしやすくなる。
 また、目当てのカオス・ソルジャーなどが選ばれなかった場合も、《戦士の生還》を用いればサルベージできる。

  • 天地開闢とは、世界の始まりのこと。
    天と地はもともとは混沌として一つであったのが、天と地に分離したとする中国の古代思想を背景に成り立っている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《天地開闢》 通常罠

広告