天帝従騎(てんていじゅうき)イデア/Edea the Heavenly Squire》

効果モンスター
星1/光属性/戦士族/攻 800/守1000
「天帝従騎イデア」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「天帝従騎イデア」以外の
攻撃力800/守備力1000のモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
このターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
除外されている自分の「帝王」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 ストラクチャーデッキR−真帝王降臨−で登場した光属性戦士族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に特定ステータスモンスターリクルートできる誘発効果墓地へ送られた場合に除外されている帝王手札加える事ができる誘発効果を持つ。

 《冥帝従騎エイドス》と共に、【帝王】の主力リリース確保手段として活躍する、同デッキ必須カードである。
 (1)の効果《冥帝従騎エイドス》特殊召喚し、2体をリリースして即座に最上級モンスターアドバンス召喚に繋げるのが基本的な使い方。
 《冥帝従騎エイドス》アドバンス召喚の回数を増やす効果を持つので、このカード召喚権を使用した場合も問題なくアドバンス召喚に繋げられる。
 更に次のターン《冥帝従騎エイドス》効果蘇生することで、再び最上級モンスターアドバンス召喚が狙えるようになる。
 他の特殊召喚手段としては、《リビングデッドの呼び声》《トゥルース・リインフォース》等が扱いやすい。
 「場合」任意効果であるためタイミングを逃すこともない。

 (2)は除外されている帝王魔法・罠カードサルベージする効果
 発動条件は「墓地へ送られた場合」と非常に緩く、アドバンス召喚リリースに充ててもタイミングを逃す事なく発動できる。
 帝王魔法・罠カード除外手段は《天帝アイテール》《汎神の帝王》《真源の帝王》と豊富であり、【帝王】であれば自然と除外されているだろう。
 《サイクロン》等でセットされた《リビングデッドの呼び声》等の蘇生カード破壊された場合でも発動でき、タイミングを逃す心配が全くないため、気をつけるのは全体除外カードだけで済むのも利点である。

  • 「イデア(Idea)」は色々な意味を持つ言葉だが、このカード《冥帝従騎エイドス》の対となる事を考えれば、プラトン哲学の「イデア論」におけるイデアの事であろう。
    彼はこの世のあらゆる物には「本当の意味で存在するもの」「超越的な実在」というべきイデアが存在するとし、それはイデア界と呼ばれる世界にあると考えた。
    この世の物体、例えば「花」は花のイデア、「人間」は人間のイデアの言わばコピーであるため、類似した姿や性質を持つのだと言う。

関連カード

攻撃力800・守備力1000のモンスター家臣を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《天帝従騎イデア》 モンスター 効果モンスター 星1 光属性 戦士族 攻800 守1000

広告