天融星(てんゆうせい)カイキ》

効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻1000/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、500LPを払って発動できる。
自分の手札・フィールドから、戦士族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つレベル5以上の戦士族モンスターが自分フィールドに存在している相手ターンに発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 COLLECTORS PACK 2018で登場する光属性戦士族上級モンスター
 特殊召喚に成功した場合に戦士族融合モンスター1体を融合召喚する効果攻撃力が変化しているレベル5以上の戦士族がいる場合の相手ターン自己再生する効果を持つ。

 (1)は戦士族融合召喚を行う効果
 あくまで戦士族融合召喚を行うカードなので他の融合素材が揃っているならこのカード自体は素材にしなくてもよい。
 もっとも、フィールドに維持する必要が無いモンスターなので、基本的にはこのカードも融合素材にできる融合モンスターに繋げる事が多いだろう。
 《地翔星ハヤテ》効果で展開すれば即座に《覇勝星イダテン》融合召喚が可能。

 デッキのコンセプトが限られるが、装備魔法が5種類投入できる場合に《聖騎士の追想 イゾルデ》を経由して特殊召喚するという手もある。
 あちらの効果で片方の融合素材手札に加えつつ、このカード特殊召喚することで即座に融合召喚が可能となる。
 その際は、《妖刀竹光》《神剣−フェニックスブレード》等といった、アドバンテージを回復しやすい装備魔法を採用したい。

 (2)は攻撃力が変動しているレベル5以上の戦士族が存在する場合の自己再生効果
 蘇生後に(1)の効果融合召喚に繋げるのが基本となる。
 自身の効果融合召喚した《覇勝星イダテン》の(1)で2枚目のこのカードサーチ、あちらの(2)の手札コストとしてこのカード墓地へ送れば、返しの相手ターンに即座に自己再生から《覇道星シュラ》へと繋げられる。
 《地翔星ハヤテ》《天昇星テンマ》の場合は公開情報の関係上実際に蘇生を狙うのは難しいが、相手攻撃を防ぐ牽制としては機能し得る。

  • このカードを無理なく組み込めるデッキの例として、以下が挙げられる。
  • このカードによる融合召喚を行う直前から勝鬨は苦しみ出し、顔には不気味な文様が浮かぶようになっていた。
    ダメージを受けるデメリットを勝鬨は「カイキの呪い」と述べており、ダメージ発生時には苦しみが増し、同時に文様も腕にまで広がり、勝鬨の意識も狂気が暴走気味であった。
    これらは《覇道星シュラ》破壊されると同時に収まり、勝鬨も正気を取り戻している。
    • 融合次元のアカデミアに属するデニスの計らいにより遊矢との再戦に挑んでいるため、恐らくは《覇道星シュラ》と共にデニスから渡されたカードだと思われる。
  • 勝鬨が融合素材として使う際には「天にとけしもの」と称されている。

関連カード

このカードを融合素材にできる戦士族の融合モンスター一覧

収録パック等


Tag: 《天融星カイキ》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 戦士族 攻1000 守2100

広告