天狼王(てんろうおう) ブルー・セイリオス/Celestial Wolf Lord, Blue Sirius》

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/獣戦士族/攻2400/守1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの攻撃力は2400ポイントダウンする。

 Vジャンプ(2011年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した闇属性獣戦士族シンクロモンスター
 破壊され墓地へ送られた時に相手モンスター弱体化させる誘発効果を持つ。

 シンクロ素材縛りのないレベルシンクロモンスターであり、シンクロ召喚しやすいモンスター
 効果破壊の手段は問わず、永続的に相手モンスター1体の攻撃力をこのカード攻撃力分ダウンできる。
 戦闘破壊された場合、このカード攻撃力を超えるモンスターは高レベルモンスターである可能性が高いので、リリースなどで無駄にされることも少ない。
 効果破壊の場合も続く直接攻撃等のリスクを軽減でき、《ダーク・アームド・ドラゴン》《マスター・ヒュペリオン》《裁きの龍》といった除去を備えるモンスターに対してもある程度抑止力として働く。

 しかし、相手アタッカーが存在しない状況で除去されてしまうと効果を活かせなくなる。
 除去を起点にモンスターを展開する【甲虫装機】のようなデッキに対してはほとんど抑止力にならない。
 当然ながら、バウンス除外墓地へ送ることで除去されても無意味であり、破壊以外の除去手段も豊富になっている。
 また攻撃力が下がるとはいえ、その時点ではディスアドバンテージが回避できているわけではない。
 返しの戦闘破壊に失敗して守備表示で居座られた挙句、効果を利用されてしまうといった状況も十分に起こりうる。
 このカード破壊する時点で相手がそのカバーを考えて動いてくる可能性も高く、抑止力としては隙も大きい。
 自爆特攻でも適用されるものの、基本的に受身の効果であり状況打破にはあまり向いていない。
 そのため枠も考えると、レベル6シンクロはモンスター除去も可能な《超念導体ビヒーマス》《獣神ヴァルカン》などが優先されることが多い。

 レベル6では、縛りのない唯一の闇属性シンクロモンスターなので、《魔のデッキ破壊ウイルス》《A・ジェネクス・バードマン》との《レアル・ジェネクス・クロキシアン》シンクロ召喚に対応する。
 対応する種族サポートカードは少ないが、《幻獣の角》を利用するデッキでは先出しによる戦闘という役割と合致し、無理なく利用できる。
 また、不得手とする魔法・罠カードへの耐性を付与できる《炎舞−「天権」》とのシナジーもあるため、【炎星】【獣戦士族】エクストラデッキを割く価値は十分にある。
 《炎星師−チョウテン》を利用する場合ならなおさら都合が良い。
 炎舞が1枚でもあれば攻撃力が2500以上となるので、《闇のデッキ破壊ウイルス》コストとする事も可能である。

  • 「セイリオス(Seirios)」とは、ギリシャ語で「焼き焦がすもの」「光り輝くもの」を意味する。
    おおいぬ座のアルファ星シリウスの名前の由来となっており、シリウスは和名では「犬星」や「青星」と呼ばれ、中国語では「天狼(星)」と呼ばれている。
    英語名は「シリウス(Sirius)」が使用されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告