天狼王(てんろうおう) ブルー・セイリオス/Celestial Wolf Lord, Blue Sirius》

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/獣戦士族/攻2400/守1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの攻撃力は2400ポイントダウンする。

 Vジャンプ(2011年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した闇属性獣戦士族シンクロモンスター
 破壊され墓地へ送られた時に相手モンスター単体弱体化させる誘発効果を持つ。

 2400という弱体化数値は大きく、しかも永続するため大半のアタッカーを無力化できる。
 戦闘破壊だけでなく効果破壊にも対応しており、自爆特攻でも発動できるなど、発動機会は多いと言える。

 ただ、いかんせん受け身な効果であり、このカードバウンス等で除去する、弱体化したモンスターを各種素材に使うなど、被害を回避する手段も多い。
 同じレベルシンクロモンスターには、攻撃力4400まで単騎で突破できる《白闘気海豚》、このカードと同攻撃力攻撃力3200まで倒せる《BF−星影のノートゥング》など、より攻撃的なカードがある。
 特に、自分ターンには除去破壊されれば1枚ドローできる《瑚之龍》は、「アフターフォローのあるレベルシンクロモンスター」という性質も被っており、このカードの優先順位は低い。

 獣戦士族であるため、《炎星師−チョウテン》レベル炎星蘇生して出せる数少ないシンクロモンスターという特徴がある。
 しかし、同条件で出せる《炎星侯−ホウシン》《獣神ヴァルカン》の方が汎用性が高く、エクシーズモンスターリンクモンスターを出す選択肢もあるため、【3軸炎星】でもこのカードが使われることは少ない。
 一応、炎舞が1枚でもあれば攻撃力が2500以上となるので、《闇のデッキ破壊ウイルス》コストとすることが可能である。
 【魔導書】の流行期には【3軸炎星】【魔導書】に対抗する唯一の手段として、このカード《闇のデッキ破壊ウイルス》が高確率で採用されていた。

  • 「セイリオス(Seirios)」とは、ギリシャ語で「焼き焦がすもの」「光り輝くもの」を意味する。
    おおいぬ座のアルファ星シリウスの名前の由来となっており、シリウスは和名では「犬星」や「青星」と呼ばれ、中国語では「天狼(星)」と呼ばれている。
    そのためか、英語名は「シリウス(Sirius)」が使用されている。
  • 漫画版では攻撃力の下げ幅がこのカード攻撃力分だった。
    イラストは左腕をOCGのものより上に挙げて構えており、腹に牙の口がある事がはっきり確認できる。
  • 「ジャックvsレクス・ゴドウィン」戦においてジャックが使用した罠カード《シンクロ・リビドー》、速攻魔法《クリンチ・リボーン》のイラストに描かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《天狼王 ブルー・セイリオス》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 獣戦士族 攻2400 守1500

広告